めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

インディアンス

インディアンスがサンタナが抜けた一塁にマリナーズのアロンソを獲得。徹底比較!どっちが上か?

2017/12/25

2016年に世界一まで後一歩、いや後一勝のところまで行ったインディアンスだったが、惜しくも敗退。2017年も102勝で断トツリーグ優勝したもののの、地区シリーズでヤンキースに敗退。そんな強豪チームが一塁アロンソを獲得した。FAで抜けたサンタナと同格なのか?気になったのでめじゃる。

スポンサードリンク

ヨンダー・アロンソとは?

ヨンダ・アロンソとは基本一塁/DH専門の30歳。2017年には30歳にして今まで二桁本塁打も記録した事が無かったのに、前半戦だけで20本塁打を記録し、初めてのオールスターに出場。それが認められてか、ポストシーズン争いをしていたマリナーズが獲得した遅咲きの逸材だった。

もともとGG賞レベルの守備だったもののここ2年は微妙。2017年のDRSはー9を記録したGG賞の真逆レベルに位置してしまっている。

過去平均すると162試合に出場した場合、打率.268、出塁率.340、13本塁打に62打点クラス。一塁手としては...ちょっと弱いかな。

しかしながら、強豪インディアンスへようこそ!

先日FAとなったサンタナの代理ってイメージが拭えないアロンソ。一体どっちが上なの?去年よりアップ?もしくはダウン?もしくは大幅ダウン?って気になりますのでちょっと比較したいところ。

サンタナとアロンソ、どっちが上?

先日フィリーズへ買われて行った元インディアンスの一塁手サンタナ。そして今回インディアンスに買われたアロンソ。やはりファンとしてはどっちが上なのかが気になるところ。今回2017年の成績をもとにして5項目で確認して行きましょうか。

サンタナが買われた記事はこちら→フィリーズが一塁サンタナを買った話

打率(ミート)

サンタナ打率.259<アロンソ打率.266

確実性はほぼ変わらず。来季の予想もサンタナ打率.258、アロンソ打率.266でほぼ同格。しいて言うなら、両打ちのサンタナの利き腕別成績が(対左.255、対右.262)に対し、左打ちのアロンソが(対左.181、対右.282)で極端にアロンソは左が苦手。使い勝手という意味も込めればサンタナに分があるか。

出塁率(選球眼)

サンタナ出塁率.363<アロンソ出塁率.365

これまた同レベル!確か出塁率.350を超えると優秀ってイメージがあるところ、ふたりともここはクリアしている。しかしここでもアロンソは左腕を苦手としており、出塁率対左.263。さすがにプラトーンを組むべきか(相手ピッチャーによってスタメンを変えるべきかも)

ISO(パワー)

サンタナISO.196<アロンソISO.235

長打率比較にしようと思いましたが、ここはやはりISO=パワーを。当たったら飛ぶってイメージの指標ISOですが、ここではアロンソが勝利。パワプロで言うところのパワーがサンタナC、アロンソBってとこでしょう。って言いましてもサンタナは限りなくBに近いCですけどね。

スプリントスピード(走力)

サンタナSS 26.7>アロンソSS 25.3(ft/sec)

最近流行りのスプリントスピード。平均が27で範囲が23ー30となっているものです。私が調査した結果、その比率的にランク付け致しますと...サンタナD、アロンソEってとこでしょう。サンタナは平均クラス、アロンソはちょっと遅めってとこですが、盗塁はサンタナ5、アロンソ2なので気にする事もないでしょう。ただBsRはサンタナが+0.8、アロンソがー2.5ですのでサンタナのが走塁に関しては得意みたいです。

DRS(守備)

サンタナDRS+10>アロンソDRS-9

今回は一塁守備のDRSにおいての比較としました。サンタナはボット、モアランド、ゴルシュミと並んでGG級クラスの守備力。一方アロンソはリーグ最低クラスの-9。守備力は断然サンタナ!と言いたいところですが、サンタナは昔はマイナスばっかし、アロンソはGG級レベル。2018年はどう転ぶか分かりません。

総評

2017年で確認したところ、打撃力は同等、トータルではサンタナって感じになりそうです(fWARはサンタナ3.0、アロンソ2.4)がちょっと一概には言えません。

と言うのも2017-18のFAでサンタナは3年/$60Mでフィリーズと契約致しました。年平均では$20Mプレイヤー、メジャーリーグの中でも一握りしかいない超高給取りとなっちゃいました。一方アロンソは2年/$16Mでの契約。ざっくり年平均$8M←やっす!

この二人がFAとなった場合、どっちが得かと考えますと...打撃力はほぼ同等なのに半分以下で雇えるアロンソに分があるように見えますね。

確かインディアンスは資金力がそこまで無いと聞いた事があります。サンタナを引き止めず?アロンソを選択したのは必然だったのかも知れません。

ちなみに2018年の予測としてはサンタナ打率.258、26本塁打、77打点、アロンソ打率.266、28本塁打、73打点となっているみたいです。サンタナはこの予想より低くなり、アロンソは予想を上回る活躍をしそうな気がしますけどね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-インディアンス