めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ダイヤモンドバックス ツインズ ドジャース レンジャーズ

全米ドラフト全体1位はほんまは凄くない?2006~1997年編②

2017/03/30

全米ドラフト全体1位はほんとに凄いのか?がきっかけで調べてった訳ですが、ここ10年間は凄い人ばっかしだった。ではまだ現役だと思われるその1歩先まで調べて行きたいと思うのでどーぞよろしく。ほなめじゃる。

スポンサードリンク

今回は1997年~2006年まで。もし彼らがまだ現役だった場合、すでに40前後の超ベテランも並ぶ。さすがに殿堂入り候補がザクザク出て来ても良さそうなもの。だって全米ドラフト全体1位だもん!むしろここ最近の10年間より見たかったのはこっち側。知ってる人がいるかどーかもはなはだ疑問。だがそーゆーマニアックなものを掘り出すのが大好きなとこ。では早速、2006年から順に見て行こうとしましょう。楽しみです。

RHP、ルーク・ホッチェバー

  • 2006年度ドラフト全体1位
  • ロイヤルズ
  • 通算WAR3.1

悲しい事にロイヤルズから2017年の契約を拒否され現在就職活動中。先発から中継ぎに移行していてパッとした成績は無しだ。

SS、ジャスティン・アップトン

  • 2005年度ドラフト全体1位
  • ダイヤモンドバックス
  • 通算WAR26.7

オールスター3回の28歳で、19歳からメジャーの現タイガースの外野手。何故か物足りない感が否めない選手。

SS、マット・ブッシュ

  • 2004年度ドラフト全体1位
  • パドレス
  • 通算WAR2.1

素行が悪く1度は首になりつつも、ドラフトから12年目の2016年に満を持してメジャーデビューしたレンジャーズのセットアッパー。

OF、デルモン・ヤング

  • 2003年度ドラフト全体1位
  • レイズ
  • 通算WAR2.5

2015年のオリオールズを最後にメジャー出場無し。通算1162本安打、109本塁打、36盗塁。10年しがみついたのは凄い忍耐力。

RHP、ブライアン・ブリントン

  • 2002年度ドラフト全体1位
  • パイレーツ
  • 通算WAR-0.2

通算5年で26試合10先発、1勝9敗、防御率5.62の成績を残して2010年を最後にメジャーから離脱。悲しい現実。

C、ジョー・マウアー

  • 2001年度ドラフト全体1位
  • ツインズ
  • 通算WAR50.0

オールスター6回、MVP1回、首位打者3回のスーパーキャッチャー。今は一塁手で、打撃もかなり劣化したが超1流なのは周知の事実。

1B、エイドリアン・ゴンザレス

  • 2000年度ドラフト全体1位
  • マーリンズ
  • 通算WAR43.8

最多安打、最多打点、最多四球も記録した事あるオールスター5回のドジャースの一塁。一塁手でここまで息が長いのは凄い!

OF、ジョシュ・ハミルトン

  • 1999年度ドラフト全体1位
  • レイズ
  • 通算WAR28.1

スーパー問題児の元MVP。故障も多く、薬物、アルコール依存などプレーよりもそっちのが有名。今はレンジャーズとマイナー契約。

3B、パット・バレル

  • 1998年度ドラフト全体1位
  • フィリーズ
  • 通算WAR18.8

2011年で実質引退。通算12年で1393本安打、292本塁打、7盗塁。主要タイトル無しで、残念なドラフトのひとつとなった。

RHP、マット・アンダーソン

  • 1997年度ドラフト全体1位
  • タイガース
  • 通算WAR-0.5

2005年にてメジャーを去る。通算7年間で257試合に出場し15勝7敗、26セーブ。防御率5.19と目が出なかった。

まとめ

えーっと、1997年~2006年のドラフト全体1位は宝くじみたいなもんだった。だいたい半分ぐらいしか活躍していないようだ。個人的な注目選手はやっぱしマット・ブッシュだろう。問題児で苦労人のダルビッシュのチームメイトがどこまでやれるのか?ドラフト全体1位の実力を今後発揮できるのか?に期待したいかな。こー見ると殿堂入りしそうな選手がいなさそうなのは、スカウトの難しさって事なのだろうか...。

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ダイヤモンドバックス, ツインズ, ドジャース, レンジャーズ
-, , , ,