めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

初心者 WBC

2017年WBC対日本のオランダチームメジャーリーガーの選手紹介

2017年3月12日、WBC2次ラウンドのVSオランダ戦。めっさおもろかったですよねー!←6-5の途中で寝てしまったのは悲しい話(笑)オランダメンバーがなかなか素敵だったので、選手紹介がてらめじゃる。

スポンサードリンク

1番、アンドレルトン・シモンズ

  • 打率.281
  • 本塁打4
  • 打点44
  • 盗塁10

ア・リーグのロサンゼルス・エンゼルスの正遊撃手。メジャーでは主に6番打者でOPS.690と打撃はいまいちだが、2013年14年とGG賞を2回受賞している守備職人。昨季の守備指標DRS+18はメジャー全体8位だが、デビューした2012年からの5年間ではDRS+131は断トツの1位で現役最強の守備の名人(2位はヘイワードでDRS+92)

2番、ジュリクソン・プロフィー

  • 打率.239
  • 本塁打5
  • 打点20
  • 盗塁2

ア・リーグのテキサス・レンジャースで内野全てと左翼を守るユーティリティプレイヤー(ダルビッシュと同じチーム)OPS.660とまだまだ打撃はいまいちだが、まだ24歳と若い有望な選手。今季は左翼手で先発予定。足や肩も平均レベルだが少しパワーが足りない印象。来季は10本塁打ー10盗塁がもしかしたら可能かも知れないと予測されている。どーだろ。

3番、イグザンダー・ボガーツ

  • 打率.294
  • 本塁打21
  • 打点89
  • 盗塁13

ア・リーグで地区優勝したボストン・レッドソックスの正遊撃手。守備はいまいちだがOPS.802でメジャーリーグ得点力1位の強力打線の3番打者を担う。また2年連続190安打以上のメジャー屈指の安打製造機。2016年総合指標のWARではベスト30に入っている価値のある選手。来季も打率.290、15本塁打、80打点、10盗塁が期待出来そう。

5番、ディディ・グレゴリウス

  • 打率.276
  • 本塁打20
  • 打点70
  • 盗塁7

ア・リーグの名門ニューヨーク・ヤンキースの正遊撃手(まーくんのチームメイト)これまた守備はいまいちだが、昨年急にパワーが上がりOPS.751まで上昇。基本的には6、7番の下位打線を打つ。対左打率.324(対右打率.258)で左に強かった左打者。急に上がったパワーは本物らしく、来季も15本塁打は期待出来そう。打率は.260前後ってとこ。

6番、ジョナサン・スクープ

  • 打率.267
  • 本塁打25
  • 打点82
  • 盗塁1

チーム本塁打数1位のア・リーグのボルティモア・オリオールズの正二塁手。昨季は全162試合に出場したタフガイで、守備は平均並み。25本塁打と主砲並みにパワーがある選手だがOPS.752とそこまで高くは無い=選球眼が低く早打ち。肩力はA89と二塁手なのに相当な強肩と評価されている。来季も20本塁打以上が期待出来る最近流行りの強打の二塁手だ。

※投手、ケンリー・ジャンセン

  • 3勝2敗
  • 防御率1.83
  • 奪三振率13.63
  • 47セーブ

ナ・リーグ西地区優勝チームのロサンゼルス・ドジャースの守護神。セーブ数は惜しくもリーグ2位、奪三振率はベスト10入りの三振を取れるクローザー。ここ5年のセーブ数はキンブレル、チャップマンに続く180セーブ(3位)でメジャーを代表する守護神。MAX96.6㍄(155.4㌔)とメジャーでは速い部類には入らないがかなり凄いな!

まとめ

えーっと、試合見てたら興奮したので急遽書いてみました。こー見るとオランダもメジャーリーガーが多いんですね。しいてゆーならシモンズやボガーツはかなり有名な選手なので覚えておきたいとこ。4番にNPBのバレンティン?がおったんだっけ?あんま知らないんだけど4番打てるほど凄い選手なのにメジャーからお呼びがかからないパターンってあるんだね。てかごっついホームラン打ってたよ彼。今後のオランダに期待。

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-初心者, WBC
-, , , , ,