めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

オリオールズ ブルージェイズ ポストシーズン

アリーグWC予想。ブルージェイズvsオリオールズのヒーロー対決!

2016/10/01

まだ完全に決まってへんけど、おそらくアリーグのワイルドカードはこの2チームの対戦となるだろーか。イメージ的にはどっちも強打で大味な野球って感じ。この2チームがWC戦ったらどーなるのか?をめじゃります。

スポンサードリンク

今シーズンの両チームの結果、ブルージェイズ10-8オリオールズでブルージェイズが一歩リードしておりました。単純に予想してまうとブルージェイズ勝つやん!ってなるんやけど、まーそこはもうちょっとごちゃごちゃうんちく並べますよ。けどやぱブルージェイズのが有名な選手が多くて強いイメージかなあ?去年も地区優勝してるし。ちなみにオリオールズも2014年に優勝してんだけどね。両チーム甲乙付けがたいとはこの事か。

チーム本塁打1位、2位の対決となる

本塁打がオリオールズ247本(1位)、ブルージェイズ219本(2位)だ。オリオールズは本塁打46本のトランボを筆頭にデービス、マチャドら6人が20本塁打以上の最強打線。こんなチーム超恐怖やんけー!と思いきや、ブルージェイズもエンカーナシオン42本を筆頭にドナルドソンら6人が20本塁打以上だった。は?この対決おもしれー(笑)これは完全に本塁打対決になるかも知れない。

先発投手はヒーロー対決になるのか?

ストローマンvsティルマン!映画のタイトルみたいやな(笑)結局この二人がどんだけ本塁打を打たれないかがポイントになって来る。ブルージェイズのストローマンのHR/9は0.96、オリオールズのティルマンが0.99。これは二人ともベスト20内の本塁打を打たれない選手。ただティルマンのがコントロールに難がありランナーを出してしまいそう=大量得点を与えてしまう予感がするか。

飛球が上がるから外野の守備力は必要

いちおDRS確認したけど、ブルージェイズ+24に対しオリオールズがー25だった。ブルージェイズは中堅手ピラーが+20でGG級だが、左翼手ソーンダースー6、右翼手バティスター8とマイナスしていて弱点だ。一方、オリオールズは外野陣が全員マイナス。左翼手ヒョンスー11、中堅手ジョーンズー11、右翼手トランボー9と飛球が上がると予想されるだけにこの守備陣はヤバくないかな?

オリオールズvsブルージェイズ外野守備力

セットアッパーは両チーム頑強ですな

オリオールズのブラッド・ブラックは救援だけで10勝呼び込む勝ち運の持ち主。K/9は10.33と奪三振能力もありHR/9は0.82と打たれにくい。ブルージェイズも補強でジェイソン・グリーリを獲得してる。K/9は12.41で優秀だが、HR/9が1.74とちょっと本塁打に気を付けなければならないところか。ブラックが一歩リードって感じかなー?※あくまで個人の意見です(笑)

クローザーはオリオールズが有利か!

オリオールズのザック・ブリットンは47セーブで失敗無し!防御率0.55、FIP1.99、HR/9が0.14と最強クラス!ここまで持ち込まれたら負けが確定してしまう。ブルージェイズのロベルト・オスナは35セーブしているが、まだ21歳と若く、セーブ失敗も5度あり、防御率2.79。クローザーとしては少し信頼性に欠けるって感じかな。クローザーはベテランの仕事ってイメージ。

まとめ

えーとー、結論から申しますと4-5でオリオールズの逆転勝利と予想させて頂きます。先発ではブルージェイズ有利だが、リリーフ陣で逆転されそうな予感。共に本塁打を売りにするチームなので試合と外野守備陣は見ててハラハラすると思うけど(笑)こーゆー試合は上位打線は研究されて打てないだろうから下位打線で一発が飛び出しそうな気配がざわざわです。1週間後のヒーロー対決を楽しみにもう少し待ちましょうかね。

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-オリオールズ, ブルージェイズ, ポストシーズン