めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

アストロズ ディビジョンシリーズ ポストシーズン ヤンキース

2018年ALDS2ディビジョンシリーズ、コール12奪三振で勝利!正捕手サンチェス2ホーマー4打点で田中の勝利に貢献!

2018/10/08

2018年のディビジョンシリーズが折り返し始め、移動を挟むことになってます(全敗してもホームでは1試合は出来る)ナリーグはすでに移動日です。

これまでの成績は

CLE●vsHOU○
COL●●vsMIL○○
NYY●vsBOS○
ATL●●vsLAD○○

ディビジョンシリーズは先に3勝したものが勝つ。ブルワーズ、ドジャースともリーチですな。このまま行きますとどちらも3連勝かな?て匂いプンプンしてます。

6日の各先発投手は

CLEカラスコvsHOUコール
NYY田中将大vsBOSプライス

それではALDS2ディビジョンシリーズをめじゃる。

スポンサードリンク

ALDS2、アストロズの先発コールが7回12奪三振で勝利!

インディアンスの先発はカラスコ17勝10敗で防御率3.38のメジャートップ10に入る選手、そしてアストロズの先発はコール、15勝5敗で防御率2.88のこちらはメジャーでもトップ5に入る選手だ。ちなみにメジャートップ10にインディアンスは3名、アストロズは2名入っている投手王国対決となっている。大量得点は期待出来ない予感。

試合が動いたのは3回表、打てる遊撃手リンドーアが2ストライクと追い込まれながらもコールからホームランをかっ飛ばした!これで1-0、そしてこのまま5回終了まではこの点差で進む。

その時先発コールは6回表まで被安打3(ホームラン1本含む)で11奪三振の四球0。こんな好投を見殺しにするのか?ってワクドキしていたが...

王者アストロズはさすが!6回裏にアルトゥーベのヒット、ブレグマンの四球、ゴンザレスのタイムリーで2点取って逆転(カブレラの守備ちゃんとしてたら同点に見えたが)さらに7回にはブレグマンのソロホームランで1-3とダメ押し。そのまま終了。

なんやかんやで得点に絡んでくるブレグマン、彼を抑えることがポイントになりそうだ。イエリッチと同様今一番ヤバい選手です。

ALDS2、サンチェス様様2ホーマーで4打点!

レッドソックスの先発は16勝7敗の元サイヤング賞投手プライス。防御率は3.58で以前ほどの攻略不能レベルではなし。ヤンキースの先発は12勝6敗で防御率3.75の田中将大、彼もまた攻略不能レベルではなし。ただし田中のポストシーズンの実力は25イニング投げて防御率1.44、大舞台に強い男だ。このままだとヤンキース勝てそうな感じだが...。

1回表いきなり2番ジャッジのホームランが出て1点先制。後は田中が0で抑えたら勝ちって図式は成り立った。田中は、1回裏はマルティネスにシングルを打たれるも無失点で。2回表またも味方のサンチェスにホームラン!マカッチェンがタイムリーで3点のリード、もはや余裕だろ。

田中はその後も好投を続け、2回三者凡退、3回被安打1、4回はボガーツに甘く入った球をホームランされるが1失点で抑えた。5回にも三者凡退で外野には飛ばされていたものの何とか凌ぐ。6回、まだ78球だったので続投イケるだろ!って思ったがここで降板。

田中将大5.0回を被安打3(被本塁打1)、1失点、4三振、1死球の78球。最初から5回降板が決まってたっぽい感じのベンチだった。史上最強レッドソックスも神の子田中の前にはおとなしいもんだ。

しかしながらこの試合、一番気になったのはこの田中ではなく...

正捕手サンチェスだった。年間通して出場すると30本塁打を期待出来る捕手なのだが、今季の打率は.186。さらに守備も悪くて毎試合ポロポロしてる印象。それだけならまだいいのだが、サンチェスが防御率3.75の田中とバッテリーを組むと...

サンチェス防御率4.07(通算4.26)
ロマイン防御率3.41(通算2.81)

偶然かも知れないがロマインとの相性がいい。さらにこのロマインは打率.244で10本塁打を打っており打撃もそこそこ。心の中で短期決戦での田中のバッテリーはロマインのがいいだろって思ってた。

しかしこの試合サンチェスは2ホーマーのソロホームラン、スリーランとの大活躍。最終スコアが6-2だったので彼がいなければ負けてたかも知れないね、ありがとうサンチェス、サンキューサンチェス。

まとめ

10月6日、ALDS2の試合結果を反映すると、

CLE●●1vs3HOU○○
COL●●vsMIL○○
NYY●○6vs2BOS○●
ATL●●vsLAD○○

私の中でのプレイヤーオブザゲームはアストロズはコール、ヤンキースはサンチェスですね。田中が先発の場合、サンチェスは補欠で良く無い?ってちょっとでも思ってごめんなさい。

やはりレッドソックスとヤンキースの対決は簡単には終わらない。そこに絡んできたのはやはり神の子。この4試合のディビジョンシリーズの中ではレッドソックスvsヤンキースが一番楽しませてくれそうです。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-アストロズ, ディビジョンシリーズ, ポストシーズン, ヤンキース