めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

レイズ

これが未来のメジャーリーグのローテーション!?レイズから先発投手が消えそうな話

2018/08/13

知る人ぞ知るメジャーリーグのアリーグ東地区のレイズ。私は好きなのですがメジャーリーグで1位2位を争うほどの人気が無いチーム。

さらに、お金が無いのでいい選手は売り払うしか出来ません。弱い訳です。

そのお金もない中、レッドソックスやヤンキースと渡り合うためにはいろいろ画期的なことをしなければならないのは分かる。そして最近囁かれていたのが「レイズから先発が消えた」という話。

そこで今回、レイズから先発が本当に消えたのか?を2018年の開幕からさかのぼって調べてみましたのでめじゃる。

スポンサードリンク

各月の先発投手と休息日数

基本的にメジャーリーグは中4日と言われています。先発投手5人用意し、登板、休み、休み、休み、休み、登板で休みが間に4日あることが中4日。移動とかもふまえると中5日や中6日もあるかなと思います。

休息日が4日以上あれば先発投手だとざっくり言えるのかなと。これを月毎に確認しましょうか。

レイズ4月の先発ローテーション

Apr Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest
1 C.Archer 99 B.Snell 99 A.Kittredge 99 J.Faria 99
2 C.Archer 4 B.Snell 4 Y.Chirinos 3 J.Faria 5 A.Kittredge 2
3 C.Archer 5 B.Snell 5 Y.Chirinos 5 J.Faria 5
4 C.Archer 4 R.Yarbrough 6 B.Snell 5 Y.Chirinos 5 J.Faria 4
5 C.Archer 5 B.Snell 4 Y.Chirinos 4 J.Faria 6
6 C.Archer 5 B.Snell 5 Y.Chirinos 5 M.Andriese 3 J.Faria 4

開幕投手はクリス・アーチャー。ここからもレイズの2018年のエースはアーチャーだと言えますね。そして2番手スネル、3番手チリノス、4番手ファリア+@って感じが今年のローテーションか。

2巡目の5番手中2日で先発したキットリッジは基本リリーフ投手。5回からでも投げてるし、7回8回でも投げている。勝ってても負けてても投げてるが、接戦では使われていないところを見ると便利屋といったところ。ローテの谷間で先発したっぽいか。

普通に先発ローテーションやってるやん、4月は。

レイズ5月の先発ローテーション

May Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest
1 C.Archer 4 B.Snell 4 A.Kittredge 1 J.Faria 4
2 C.Archer 4 B.Snell 5 R.Yarbrough 4 J.Faria 5
3 C.Archer 5 M.Andriese 2 B.Snell 4 R.Yarbrough 4 A.Banda 99 J.Faria 4
4 C.Archer 4 B.Snell 4 S.Romo 3 S.Romo 0 J.Faria 5
5 C.Archer 5 B.Snell 5 S.Romo 4 R.Stanek 2 S.Romo 1
6 C.Archer 4 B.Snell 4 N.Eovaldi 99 R.Stanek 2

相変わらずキットリッジがときどき先発をカバーしてますね。

さらに4~5巡目にロモという投手が連発で先発してる!ロモは8回9回の勝利時に登板する、いわゆるクローザーという役割の選手。クローザーを先発にやて!しかも1回だけじゃなく3度も!これが奇策と言わずなんというのでしょう。

レイズは突拍子もない事をしますね。

しかもロモは先発時に5回を投げておらず、5先発して合計4.2イニング。要は1回に先発で登場し1イニングだけ投げて降板する。クローザーを初回でやるパターンだったのですよ。この発想はゲームでしかなかった...レイズやりおる。

レイズ6月の先発ローテーション

Jun Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest
1  S.Romo 2
2  C.Archer 4 B.Snell 4 N.Eovaldi 5 J.Venters 2 R.Stanek 1 W.Font 2
3  B.Snell 5 N.Eovaldi 4 R.Yarbrough 4 R.Stanek 1 W.Font 4
4  B.Snell 4 N.Eovaldi 4 R.Stanek 3 W.Font 3 R.Stanek 1
5  B.Snell 4 N.Eovaldi 4 R.Stanek 2 W.Font 5 M.Andriese 5
6  B.Snell 5 N.Eovaldi 5 R.Stanek 4 W.Font 5 R.Stanek 1

エースのアーチャーが離脱し、スネル、イオバルディ、フォントが先発してるけれども、怪しいのがスタネック。彼もまた7~9回を任されるリリーバー。ビハインド時が多いのでセットアッパーとは言えないかも知れないが。

そしてスタネックも18先発しているが、計27.1イニング。先発平均2イニング以下という事で、5回は投げる先発とは到底かけ離れている。初回からリリーフを継ぎ込んだってやり方だ。

ロモに続きスタネックも先発では無いローテーション投手。画期的だ。

レイズ7月の先発ローテーション

Jul Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest
1  B.Snell 5 N.Eovaldi 5 R.Yarbrough 4 M.Andriese 1 R.Stanek 2
2 B.Snell 5 N.Eovaldi 5
3  C.Archer 36 R.Stanek 0 H.Wood 1 B.Snell 4 N.Eovaldi 4
4  C.Archer 4 R.Stanek 1 N.Eovaldi 6 R.Stanek 5
5  C.Archer 7 H.Wood 1 Y.Chirinos 86 R.Stanek 1 H.Wood 2
6  C.Archer 4 R.Stanek 2 Y.Chirinos 4 R.Stanek 2

関係ないけどアーチャーが復帰(笑)

スタネックに引き続き目を引くのがウッド。彼は6~8回のビハインド登板が多い選手。先発したって2イニング程度で降板する、こちらも先発とは言えない先発だ。

中2日、中3日で先発し2イニング程度で降板する。何だその先発は!早退やん!

レイズ8月の先発ローテーション

Aug Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest Pitchers Rest
1 T.Glasnow 5 H.Wood 3 R.Stanek 1
2 B.Snell 22 H.Wood 2 T.Glasnow 5 R.Stanek 4 H.Wood 3
3 B.Snell 5

8月はアーチャーを放出したパイレーツからグラスノーを獲得している。グラスノーは6~7回を投げるリリーバーとしてパイレーツ投げていたが、レイズに来てからは先発オンリー。先発時3~4イニング投げて降板するが、中5日もらっているのでこれは先発転向としてもいいだろう。

スタネックとウッドは相変わらずの使われ方だ。

まとめ

なるほど、レイズはキットリッジにロモ、スタネック、ウッドなど確かに先発とは言えない投手がローテーションに使われていた。

しかしながら、先発投手がいなくなったー!って言うのは少し大げさ。8月のローテーション投手でスネルは22試合で22先発、平均6イニング弱投げているのでゴリゴリの先発投手。グラスノーはちと怪しいけれど...。

残念ながら私が思っていた状況とは違っていたようだ。

初回1イニングで交代。その後2回も1イニングで交代、そして3回も...で9人9回で終了。そして次の日も...ってな感じを想像してたが、やはり少なくとも中1日休んでるので連投出来ないとそんな夢のようなローテは組めないのか。

昔、権藤、権藤、雨、権藤ってフレーズが流行ったらしいがメジャーリーグもそのうち60先発で60イニングみたいな初回1イニングだけ投げる謎の先発投手が出て来るのかも知れないね。クローザーを9人集めたチームとか...ロマン過ぎる!今後のメジャーの常識が変わるのが楽しみですな。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-レイズ