めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ロッキーズ

カブスのクローザー守護神デービスがロッキーズと3年$52M!1球種で封じる方程式のアクセントとなるか?

2017/12/31

元100マイル方程式メンバーのひとりロイヤルズのデービス(2017年はカブスのクローザー)がロッキーズと3年$52Mで契約。デービスって誰?この契約金は凄いの?ロッキーズでは戦えるのか?などが気になりますのでめじゃる。

スポンサードリンク

ウェイド・デービスとは?

2015年から3年連続オールスターに選ばれてる凄い選手で、2015年には防御率0.94という相手チームにとってはただの疫病神のレベルまで達していた。その凄さの証として、2016年に王者に輝いたカブスが2017年に連覇を狙う為に新守護神として選んだのは球界最速のチャップマンではなく、このデービスだった(それだけで凄さは伝わるでしょう

デービスは2017年には58.2イニングを投げ、防御率2.30、奪三振率12.1からの32セーブ。32セーブはメジャー全体で10位、奪三振率はリリーフ陣で16位、防御率は17位と球界屈指の...とは言えなくなったのかもしれないが、まだまだチームのクローザークラス。

このクラスが3年$52Mの契約。年平均$17.3Mか...これって凄いのかな?

それは...確認しましょう。

2017年リリーフ陣年俸トップ5

球界最高級となると年$20Mぐらいを稼ぐのですが、日本と同じでどうしてもセットアッパー(中継ぎ)やクローザー(抑え)は低くなる傾向にあるようです。ま、圧倒的に実作業が少ないってのもあるかも知れないですが、準備などを考えると同等、いやそれ以上過酷のように見えるブルペン陣。

2017年にもっとも高級なブルペンは誰だったのか?をトップ5紹介します。

  1. 170キロ投手チャップマン*$21M
  2. 奪三振率16.43でトップのキンブレル*$13.2M
  3. ナ最多セーブ41のホランド*$13M
  4. 55連続セーブ成功のブリットン*$11.4M
  5. 防御率1.32でトップのジャンセン*$10.8M

ここで見てもらうと分かりますが、リリーフ陣で$20Mを貰えるのは一握りどころか170キロ左腕のチャップマンだけでした。話題性&実力があって初めて手にするレベル。基本的には$10Mで一流どころか超一流が雇えることになっております。

時代は違えど、デービスの$17M...

私ならブリットンとジャンセンの2枚を雇いたいところ(けど、もしこの二人が今FAになったら同等もしくはそれ以上のお金が必要ですけどね)

昔から考えると相場がうなぎ登りです。

ロッキーズでの活躍は可能なのか?

ロッキーズの本拠地はにわかファンでも知っているほどのヒッターズパーク(投手にとってはただの地獄)ですが、ロッキーズに勝算はあるのでしょうか?もう少しデービスを掘り下げます。

デービスはグラウンドボールピッチャー!?

そもそもロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドではボールが良く飛ぶと有名です。なのでフライボールピッチャーには確実に不向き。デービスはどんな投手なのか?打球の比率を確認しました。

ライナー21%:ゴロ40%:フライ38%

おや?ヤバい人はゴロ率が60%を超えることもあります。フライ率は50%を超えると完全体のフライボールピッチャーです。デービスはというと、リーグ平均はライナー21%:ゴロ44%:フライ35%らしいって事で...平均よりややフライ寄りって事ですね。

そんな向いてないじゃんってのが本音です。

球種は?

平均94.6マイルの速球にカッター、カーブを交えてたまにはシンカー、稀にチェンジアップというスタイル。んー、ゴロを打たせるっぽいカッターを軸にしているが、そこまでゴロが無いとは危ない気配しかしません。

クアーズ・フィールドでの成績は?

通算でも1試合しか投げていないため参考にすらなりませんので割愛。

まとめ

ロッキーズが大金をはたいてデービスを購入した意図は掴めませんでした。

2018年のデービスは防御率3.48、奪三振の10.42、四球率3.61ぐらいではないかと予想されております。このレベルの選手であれば$10Mもかからないぐらいゴロゴロいるのではないかと思いますので、やはりちょっと無駄使いしたって気がしないでも無い。

しかしオールスターにも連続で選ばれるほどの実力がある選手ですのでファンも喜ぶでしょうし、対応能力もあるかと思います。

そうなるとロッキーズは速球率92.8%で球界トップの一途な男ジェイク・マギー、カッター率トップの87.9%のショウ、そしてクローザーにデービス。ほとんど同じ球種しか投げない!これが通用したら凄く無いですか!メジャー行くのに球種の数は要らないってのを改めて証明して欲しいですね。

ロッキーズ=たった1球種で打者を封じる男たち(ただマギーがセットアッパーかどうかは怪しいですが)うん、魅力ありありですね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ロッキーズ