めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

FA 初心者

メジャーリーグのチーム25人枠(ロースター)の理想の考え方とは?

日本の野球はあんま知らないけど、メジャーリーグは1チーム投手野手合わせて25人で構成されている。連戦も当たり前、引き分けは無しなのでこれが非常にキツイ。このチーム構成の基本的な考え方についてめじゃる。

スポンサードリンク

ワールドシリーズも終わりまして、チームは来季に向けて構成を作り直さなければならない。FAで出てく人がおったり、引退する人がおったりと異動が激しいスポーツですから。このチーム編成を考えるとこがメジャーリーグの醍醐味、おもろいポイントなんですよね。で、25人枠(ロースター)=レギュラー選手について基本的な構成+自分が思う理想も踏まえてFA前におさらいしておきましょう。※あくまで初心者が語るヤツなので。

アリーグDH有りならまず野手を9人

野球は最低投手1人+野手8人でやるスポーツなので、まずは8人選びましょうか。捕手、一塁手、二塁手、三塁手、遊撃手、左翼手、中堅手、右翼手で8人。で、アリーグでDH有りなら+指名打者で9人を選ぶ。これが基本中の基本。FAを考える時もこの9人は非常に重要視してるはず。ちな一塁、三塁、左翼、右翼、DHは基本的に打力重視で選ぶ傾向にあるんてさ。これで25-9で残り16人。

先発は基本5人ローテーションで回す

先発は基本的には5人で回してます。そーするとだいたい33~32先発投げる事になる(エース級は4、5番手を飛ばして34先発する時もある)FAで取るのはだいたい3番目ぐらいまでかな?4番手5番手はマイナーからいいヤツ引っ張り出して来たり落ちぶれたベテランって感じ。たまにFAで取ってるかも知れんが情報があんまし話題にならないから分からん(笑)これで16-5で残り11人。

ブルペンは実は7人も待機してるぞい

まずはクローザーが1人。セットアッパーが2人(7回、8回用)でミドルリリーフが3人、ロングリリーフが1人で計7人が基本。簡単にゆーと、勝ち試合の3人、負け試合の3人、先発穴埋め1人って感じか。FAでは勝ち試合の3人のクローザー、セットアッパーら二人を探す事だな。負け試合のミドル組やロングはマイナーから引っ張って来て育てるほーがコスパ良し。これで11-7で残り4人。

25人枠ロースターの基本

ベンチはたったの4人しかおりません

捕手の控え、内野の控え、外野の控え、ユーティリティの4人だけ。捕手はしんどいから3連戦あれば1試合は控えが出場する時も。また対左用のプラトーンとして内外野の控えが使われたり、代打代走守備固めはユーティリティが使われたりと意外にベンチ忙しいんだって!ナリーグのDH無しなら捕手1内野2外野2って感じでユーティリティはわざわざ探さんでも良し。FAではベンチ要因も探すよ。

何投げ何打ちかも考慮したいポイント

基本的に左は少ないとされているけど、かと言って全員右投げ右打ち!ではチームとしてちょっと寂しいよね。投手の理想はローテに1~2人は左。セットアッパー、ミドルリリーフも1人ずつは左。捕手、外野も1人ずつは左が欲しいかな。ほんでー、内野は5人中2人は左が欲しいし、ユーティリティは両打ちがデフォ。ここは絶対譲れん!...贅沢かな(笑)まーあくまで理想はこんな感じですよ。

まとめ

えーっと、簡単にゆーと25人枠(ロースター)の考え方はどのチーム見てもこんな感じが基本となってました。こっからチーム事情とかが絡み合ってチームが構成されて行くんでしょう。今度自分が考えた理想のロースターでも紹介したいと思ってます←別に聞きたないし。書いてて頭ん中がゲームとメジャーリーグとごっちゃになってた気もしますが、まー結局は野球と言うゲームのお話しですのでセーフでしょうって事で(笑)

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-FA, 初心者
-,