めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ポストシーズン レッドソックス ワールドシリーズ

2018年WS4ワールドシリーズ、ドジャース崖っぷち!レッドソックスが終盤9点の猛打で勝利

2018/10/29

2018年のWS3は延長18回で7時間を超える総力戦でドジャースが勝利しました。そもそも9回で勝ってたはずのドジャースでしたが、あそこで決めきれないところが微妙なとこです。取りあえずスイープは避けれただけでも良し。

日程、先発予定、結果などは...

WS LAD vs BOS
Game1 23 カーショウ 4-8 セール
Game2 24 リュ 2-4 プライス
25
Game3 26 ビューラー 3×-2 ポーセロ
Game4 27 ヒル イバルディ
ロドリゲス
Game5 28
29
Game6 30
Game7 31

こんな感じ。

それではWS4ワールドシリーズをめじゃる。

スポンサードリンク

WS4、ドジャースには勝利の女神はいないようだ

ドジャースの先発は左のヒル。4試合で3試合が先発投手がサウスポー、ドジャース凄いよね。ヒルは38歳のベテランだが11勝5敗で防御率3.66。地区シリーズ、リーグ優勝シリーズとも勝ち負け付かなかったが失点しているのが気になるとこ。しかしベテランなのでやってくれるでしょう。

レッドソックスの先発は左のロドリゲス。レッドソックスもまた左が多いみたいだ。予定通り先発したヒルと違いロドリゲスは急遽の先発で13勝5敗で防御率3.82。ヒルと同等クラスの先発だ。

こう考えると、あらかじめ準備していたドジャースに分がある。

6回にベリンジャー&プイーグで4点先制

ドジャースは2安打、レッドソックスは1安打と先発のヒル、ロドリゲスがかなりのピッチングを見せ試合は動かない。惜しいーってとこも無かったかと。

試合が動いたのは6回裏、先頭打者フリースが当たりにいった?っても取れる死球でノーアウト一塁に。続くマンシーは三振、そしてもっかいマンシー?って思ったらターナーね←似てる。そのターナーが三塁線を抜けるヒット!そしてマチャドが敬遠。

1アウト満塁の激アツ!

そこでベリンジャーが内野ゴロゲッツーになりそうなとこで相手エラー(ベリンジャーにぶつけて)で先制、0-1。

からのプイーグが...

まさかのスリーランホームラン!ロドリゲス「なんでやねん!」グローブバシーってことで6回裏ドジャースが0-4と4点差とした。ロドリゲスは急遽の先発ながらここまで無失点で来たものの結果、5.2回を被安打4、4失点で降板となった。

ドジャース勝ったな。

強打レッドソックスが怒涛の攻撃!で逆に3点差に

完全にドジャースの勝ちが見えて来た7回表、ドジャースにやにやしていたんだが...先発ヒルが被安打1の好投中。しかし先頭打者ボガーツに四球、ヌニェスに三振をとったとこで交代。

がアレクサンダーはホルトに四球を与えひとりで交代、マドソンがブラッドリーをアウトにして2アウト一二塁となったとこでモアランドが...

1点差に迫るスリーランホームラン!これで3-4。

8回には1アウトランナー無しで回って来たピアースがドジャースのクローザージャンセンから...

もうジャンセンクビだろ!これ。これで4-4の同点。

9回には1アウトからホルトが三塁線を抜けるツーベース、さらに代打デバースがタイムリーヒットで追加点、5-4。でまだ一塁にいる。

そしてベッツ敬遠で一二塁、ベニンティンディがウッドから内野ゴロのシングルヒットで2アウト満塁の大ピンチ。ターナーがもう少し強肩だったら終わってた。

ここで前田健太!!この最悪の状況でマエケン。キツイなー、ヤバいなー。って思ってたら...

またもピアースが案の定右中間を破るツーベースヒットで8-4。ここでテレビポチー(消灯)

まとめ

WS4の試合結果、レッドソックス9-6ドジャースとまたもやボロボロに負けてしまったドジャース。救いは相手のクローザーから2点は奪ったというところだけか。さすがにこの強打を抑えるのは厳しいんだろうな。

私の中でのプレイヤーオブザゲームはレッドソックスのピアースだろう。8回に同点打、9回にはダメ押し打と4打点の活躍。レッドソックスは毎日違う選手が活躍しているイメージ。さすが好球強打、ハマればエグイ。

さてと、ドジャース崖っぷちか。ま、まったく勝てる気がしないので明日で終わる可能性大だな。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ポストシーズン, レッドソックス, ワールドシリーズ