めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

カーディナルス

予想と違う!?ナリーグ暫定本塁打王はベリンジャーでもアレナドでもない中距離打者

2018/08/10

半年前のキモチを覚えてますか?

シーズン始まる前に2018年は誰がホームラン王になるんやろ?あいつかな?それともこいつかな?なんてそれぞれ予想してたかと思います。

私がパッと浮かぶのは、59本塁打を打ったジャンカルロ・スタントン、52本塁打を打ったアーロン・ジャッジが大本命かなと。他にはアスレチックスのクリス・デービスが43本、ジョーイ・ギャロが41本打ってました。

ナリーグはスタントンがアリーグに移籍したことで、コディ・ベリンジャー39本塁打、もしくはノーラン・アレナド37本塁打が有力なのかなと。ナリーグは1ランク本数が少ないですね。

シーズン開幕前に各媒体がホームラン王を予想しておりましたが、シーズン折り返した今、それが全然ハズレてる気がしましたので改めて振り返ります。シーズン開幕前の予想と今の本塁打トップ選手らをめじゃる。

スポンサードリンク

開幕前のホームラン王予想

シーズン開幕前にいろいろな媒体で成績予想がされてます。当然過去のデータや年齢などを考慮して、ある程度の的中力があるのでしょうが...本当にその予想合ってる?ってとこをおさらいしましょう。

FANS
Name Team HR
Giancarlo Stanton Yankees 48
Aaron Judge Yankees 44
Joey Gallo Rangers 41
Khris Davis Athletics 41
Mike Trout Angels 38

まずは「FANS」

この順位は私でもそれなりに予想が出来ます。2017年に成績のいいやつから順に並べただけですやん!って感じですね。スタントンが今季もホームラン王だが50本塁打は行かない予想。トラウトがトップ5に入っているはいい予想かなと。

Zips
Name Team HR
Giancarlo Stanton Yankees 55
Aaron Judge Yankees 43
Nolan Arenado Rockies 40
Mike Trout Angels 39
Cody Bellinger Dodgers 39

そして「Zips」

この媒体はスタントン好きなのでしょうか?一人だけ断トツの55本予想です。2年連続二冠王のアレナドを選ぶ辺りがセンスあるなーって。守備も上手く、打撃もけた外れのアレナドはやっぱり凄くあって欲しい。

Steamer
Name
Team HR
Giancarlo Stanton Yankees 53
Mike Trout Angels 38
Nolan Arenado Rockies 38
Joey Gallo Rangers 38
Manny Machado Dodgers 37

そして「Steamer」

これの面白いのはジャッジを入れない事。やはり新人は2年目の壁を考慮して入れなかったのだろうか、なかなか通の予想。ここでトラウトやアレナド、それにマチャドまで入っているのがなかなか。スタントンの50本超え以外は納得できます。

各媒体それぞれ興味ある予想をしてますが...これが実は全然クソハズレておりますのよ。やはり野球はやって見ないと分かりませんね。

暫定ホームラントップ選手(30本塁打以上

それでは今メジャーリーグで一番ホームランを打ってるのは誰なのか?8月上旬時点で30本塁打を超えた選手が7人いましたので、その7人を発表します。

# Name Team HR
1 J.D. Martinez Red Sox 34
2 Jose Ramirez Indians 33
3 Khris Davis Athletics 32
4 Matt Carpenter Cardinals 31
5 Joey Gallo Rangers 31
6 Mike Trout Angels 30
7 Nelson Cruz Mariners 30

おや?一番人気のスタントンはどこ?ジャッジはいずこ?

一応スタントンは27本塁打で12位、ジャッジは26本塁打で13位となっておりましたのでそこまでハズレでもないですが、意外な選手がいますよね。

1位のJD・マルティネス、2位のホゼ・ラミレス。この二人はいささか意外です。JDは昨年急に45本塁打を放って周りをビックリさせた怪物。ラミレスは昨年30本に届かなかったがこちらもビックリの長距離打者に変貌。噂のフライボールレボリューションだっけ?なのかな。

そして一番意外なのは常に二塁打>本塁打の中距離打者マット・カーペンターが31本もの本塁打を放ちナリーグトップに君臨してるということ。一番意外なのはこの人なのかも知れません。

まとめ

今一番気になるのはマット・カーペンターでしょう。

実はこしゃっとナリーグの本塁打王+ナリーグの二塁打王なんですよ、この人。もっというと長打率.598もナリーグのトップで、OPS.991もナリーグトップ、そしてOPS+166もナリーグトップなんです!

8年目でSS賞(シルバースラッガー賞)も1度しか受賞した事ないし、しかも今季オールスターにも選ばれていないカーペンターがこんなに凄いとは。しかし、昔は最多得点に最多安打、最多二塁打2回に最多四球も受賞している選手。

もしかするとこの選手がナリーグMVPになるのかも知れません。残念ながら最速FAは2020年。この成績が維持出来ても34歳でFAになりそうなので、長期契約は難しいでしょうね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-カーディナルス