めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ナショナルズ ヤンキース MVP

MLB2018年6月ルーキーオブザマンスはヤンキースの三塁アンドゥーハーとナショナルズの外野手ソト

2018/07/06

さてさて、大谷翔平が旋風を巻き起こしたのももう遠い昔のように感じます。開幕から~現在(6月末)までのルーキーfWARを確認したところ、野手トップはマーリンズのブライアン・アンダーソン1.7、投手トップはドジャースのウォーカー・バウラー1.5となっておりました(どっちもあんま知らねー)

あれだけ騒がれてた大谷翔平は野手部門で10位の0.8、投手部門で7位の1.1となっておりますので強引に都合のいい解釈をしますと足して1.9となりまだまだ十分ルーキーオブザイヤーの資格アリといったところでしょうか...ではルーキーオブザマンスの結果をめじゃる。

スポンサードリンク

アリーグのルーキーオブザマンス

アリーグの6月のルーキーオブザマンスはヤンキースの三塁手ミゲル・アンドゥーハーが選ばれた(先月は二塁トーレス、今月は三塁アンドゥーハーとかヤンキースノリノリやな)アンドゥーハーは2年目の23歳。

# Name Team G PA HR R RBI SB AVG OBP SLG ISO OPS WAR
1 Miguel Andujar Yankees 25 96 7 10 20 0 0.264 0.302 0.560 0.297 0.863 0.5

この1ヵ月の出場試合数は25試合でチーム3位。7本塁打はスタントンの8本塁打には及ばないがヒックス、ジャッジを超える2位。10得点はチーム5位、しかし20打点はスタントン、ジャッジを超えてチームナンバーワンとなった。0盗塁は見ないふり。

80打席以上の8名で率系の話をしますと、打率.264はチーム4位、出塁率.302はチーム7位、長打率.560は2位、そしてISO.297はチームナンバーワンとなっていた。この感じからガンガン振り回してたんだなーって感じます。そしてOPS.863は3位、fWAR0.5は5位とメジャー全体どころか、リーグ全体どころか、チーム全体で見ても...ってレベルです。ま、ルーキーですからしゃーなし。

開幕はダイヤモンドバックスから獲得したデュルーリーを三塁で使用していましたが、早々とアンドゥーハーに切り替えた事が功を奏した感じですね。


6月に目立った試合と言えば29日のレッドソックス戦でしょうか。その日は4打数3安打で1ホーマー、3打点を記録してます。その他は5日のブルージェイズ戦で2安打1ホーマーの4打点とかです。まだまだですね。

ナリーグのルーキーオブザマンス

ナリーグの6月のルーキーオブザマンスはナショナルズの外野手フアン・ソトが選ばれた。確かソトは5月15日デビューした19歳でハーパーの後継者と記憶してます。

ナショナルズの左翼手フアン・ソト19歳がハーパーを超えて史上最強レベルなんですけど

# Name Team G PA HR R RBI SB AVG OBP SLG ISO OPS WAR
2 Juan Soto Nationals 24 100 6 19 15 0 0.317 0.440 0.610 0.293 1.050 1.0

そもそもナショナルズはこの1ヵ月で規定に乗ってるのは5人だけだったが、出場試合数は24試合はチーム4位、打席数100もチーム4位。しかし6本塁打はレンドーンを抜いてチームトップ!19得点もチームトップ(レンドーンも19得点)、15打点はチーム2位となっていた※盗塁は0だけどね。確実に6月はチームの主力として活躍していた感じが見受けられる。

打率.317はチームナンバーワン、出塁率.440もチームナンバーワン、長打率.610もチームナンバーワンでISO.293もチームナンバーワン。よってOPS1.050もチームナンバーワンとなったが、守備位置の関係上?か守備の関係上fWA1.0はレンドーンに負けてチーム2位だった。でも6月に限ればナショナルズナンバーワンの主砲でしたよ、19歳なのに。

当初6番から始めたソトですが、早々に5番に昇格し、さらに最近は4番、さらにハーパーを1番に追いやり3番に座る時もあった。なんて凄い新人なんだ!本当にこの先が楽しみな選手がまたひとりって感じだ。

6月は2日に5打数3安打で1ホーマー、1打点ってのがありましたが、それより凄いのが29日でしたね。6打数4安打で2ホーマー、5打点(2三振はご愛敬って感じで)その他13日にも2ホーマー4打点と調子のいい日は手が付けられません。

5月21日からレフトのスタメンに定着し安定した成績を収めている19歳のソト。ハーパーいなくなってもナショナルズは安泰かも知れませんね。

まとめ

6月のルーキーオブザマンスは...

  • アリーグ*ヤンキースの三塁手ミゲル・アンドゥーハー
  • ナリーグ*のナショナルズの外野手フアン・ソト

ヤンキースはレッドソックスと1ゲーム差で地区2位で優勝争いやってますが、スタメンが若いチーム。特に捕手サンチェス25歳、二塁トーレス21歳、三塁アンドゥーハー23歳、右翼ジャッジ26歳と毎年のようにプロスペクトが活躍しております。後数年は黄金時代が続く予感。

ナショナルズは首位ブレーブスに7ゲーム差を付けられ微妙な立ち位置に立たされておるようで、このソトが出て来た時点でもしかしたらハーパー放出あるかも?と波乱を期待させる感じになっています。

ま、新人って攻略されない1年目は活躍出来る傾向にありますが、その後2年目、3年目もまだ通用するかどうかが最大のキモなんですけどね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ナショナルズ, ヤンキース, MVP