めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ブルワーズ

2ストライクまで行ったら終わりというブルワーズのクローザーじゃないヘイダーが最強過ぎる

2018/06/12

最近のブルワーズが凄過ぎます。アリーグのトップ3はヤンキース、レッドソックス、マリナーズとなっておりイチローを外したマリナーズが何故か3強に入ってます。そしてナリーグの3強はブルワーズ、カブス、ナショナルズ。やっとナショナルズが上がって来たかという印象ですが、何よりビックリなのはブルワーズではないでしょうか?

しかし6月に入ってからは3勝5敗とちょっと負け越してますが...

さてこのブルワーズ、強い理由はいっぱいあるのでしょうが、私が特に気になっているのがリリーフのジョシュ・ヘイダーという24歳の若手投手。この選手は何度も出て来てますが、改めて細かい部分をめじゃる。

スポンサードリンク

2ストライク取られたら負け

このヘイダーの凄いところがひとつ。カウント別のスラッシュライン(打率/出塁率/長打率)+OPSを確認した結果...

Count/Balls-Strikes
Split BA OBP SLG OPS
First Pitch 0.333 0.333 0.833 1.167
1-0 Count 0.500 0.500 0.750 1.250
2-0 Count 0.000 0.000 0.000 0.000
3-0 Count 1.000
0-1 Count 0.250 0.250 0.250 0.500
1-1 Count 0.250 0.250 0.250 0.500
2-1 Count 0.600 0.600 1.200 1.800
3-1 Count 0.000 0.750 0.000 0.750
0-2 Count 0.000 0.000 0.000 0.000
1-2 Count 0.000 0.000 0.000 0.000
2-2 Count 0.000 0.000 0.000 0.000
Full Count 0.125 0.588 0.125 0.713

0-2ツーストライクノーボール、1-2ツーストライクワンボール、2-2ツーストライクツーボールのカウントになった際は誰も打てていない事が発覚!これってめちゃめちゃ凄く無いですか?ヘイダーにツーストライク取られた段階でもはやアウトなんです。こいつはヤバい、凄過ぎる。

弱点というか傾向としては初球、もしくは1-0のバッティングカウントでOPS1を超えてる感じですので、ヘイダーを攻略するには初球から狙ってくべしです。そしてフルカウントになってしまえば四球の確率がかなり高く、ボールを振らない事が大事。

ヘイダー攻略方法は、積極的に初球から打ちにいってフルカウントになったら絶対に振らない魂があれば攻略出来るかもですね。

ヘイダーは主砲には弱いのか?

リリーフ投手は強引な使い方をすると下位打線だけに登板させて数字上見た目を良くするという方法も出来ます(誰もやらないですけど)

ヘイダーはもしかしたら主砲クラスには通用してないかも?そんな事から打順別スラッシュライン+OPSを確認。

Batting Order Positions
Split BA OBP SLG OPS
Batting 1st 0.083 0.083 0.083 0.167
Batting 2nd 0.143 0.250 0.357 0.607
Batting 3rd 0.067 0.125 0.267 0.392
Batting 4th 0.067 0.067 0.067 0.133
Batting 5th 0.077 0.200 0.077 0.277
Batting 6th 0.200 0.429 0.300 0.729
Batting 7th 0.083 0.154 0.083 0.237
Batting 8th 0.083 0.214 0.083 0.298
Batting 9th 0.000 0.091 0.000 0.091
Bat1-2,non-P 0.115 0.179 0.231 0.409
Bat3-6,non-P 0.094 0.200 0.170 0.370
Bat7-9,non-P 0.059 0.158 0.059 0.217

2番最強論って最近は言われますが、ここにはちょっと打たれている傾向(他に比べれば)そして6番にも多少はね。

しかしトータルで見ますと、チャンスメーカーの1番2番タイプにはちょっと苦戦(っていうても全然ですけど)してますが、中軸と呼ばれる3~6番には打率.094、下位打線の7~9番には打率.059とスキすら与えない成績。

そして何度見ても美しい8アウト8奪三振。新たなリリーバーの幕開けです。

残念?なのはこの成績でもクローザーでは無さそうなとこなんですよね。6回とか7回に登板し2イニングとか投げてく投手。インディアンスのミラー的な扱いでしょうか?こりゃケガしやすそうな感じで可哀想だ。

まとめ

今クローザーと言えばマリナーズの守護神ディアズが23セーブ、レッドソックスの守護神キンブレル、ロッキーズの守護神デービスが20セーブで並んでいる。しかし貢献度をふまえたfWARではブルワーズのヘイダーが1.9でリリーフ陣の中でトップに立っています。しかもヘイダーの奪三振17.83はヤンキースのベタンセス、チャップマンを抜き断トツのトップ。これを好きにならない人はいないでしょう。

ツーストライクまでいったら完全に封じる(フルカウントは除く)投手、この記録をひっさげてプレイオフでも活躍して欲しいものですね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ブルワーズ