めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

エンジェルス カブス ドジャース ヤンキース

田中、ダル、マエケン、大谷の2018年2登板目、大谷ヤバすぎ!6回までノーノーだった

2018/04/16

大谷の打撃は凄いですね。3連続ホームランなんかしちゃったもんだからかついにダルビッシュの登板日なのにBSでやらなくなってしまいました(大谷はDHの時でも放送あるのに)もっと酷いのはマエケンやイチローの放送は2018年一回もしてないんじゃないでしょうか?空きがあればしてくれてもいいのに...。

ま、それだけ大谷の影響力が凄いって事です。今回は日本球界のエース4人の2018年の2登板目が終了しましたので、田中将大、ダルビッシュ有、前田健太、大谷翔平の結果をまとめました。さてどうだったのでしょうかをめじゃる。

スポンサードリンク

田中将大、ギリ及第点の6回3失点

Apr 5 田中の2登板目は同地区のオリオールズ。PECOTAの予想ではアリーグ東地区最弱となる5位との予想の相手。好調な選手は4番スコープ、5番ジョーンズぐらいでだが昨年20本塁打以上を7人も要するチーム。本塁打を打たれやすい田中にとっては相性の悪いチームっぽいのだが...

IP H R BB SO HR ERA
田中将大 6.1 6 3 0 7 1 2.92

初回、1番マンシーニにシングルを打たれるもクリーンナップを三者凡退。2回も三者凡退。3回はまたマンシーニにシングル打たれるが他を締める。4回も余裕の三者凡退。5回も余裕の三者凡退。そして6回も三者凡退で6回まではエースの投球で無失点。

6回の裏、ジャッジのホームランで勝ち越したため、ここで降板しとけばよかったのに続く7回表、4番スコープにシングル、5番ジョーンズのホームランを打たれて逆転。さらに7番ベッカムにもシングルを打たれて降板。その後登板したグリーンが失点し、田中は失点3が付いた。

それでもクオリティスタート?(6回3失点)なので悪くはないのだが...1勝1敗。まだドンマイだ。

ダルビッシュ有、これがダルだ!

Apr 8 前回は5回持たずに降板してしまったので汚名返上と行きたいダル。相手は今絶好調のブルワーズで順当に行けば格下の相手だがどうだろ?嬉しい事にOPS9を超える外野手、2番イエリッチが欠場中のため戦力は落ちている。気を付けたいのは長打力のある一塁セームズぐらいなのだが...

IP H R BB SO HR ERA
ダルビッシュ有 6.0 2 1 1 9 1 5.23

初回、3番ブラウンに四球を与えワイルドピッチでツーアウト二塁になるピンチも何とか凌ぐ。2回は危なげなく三者凡退。3回もまた三者凡退で毎回奪三振。

4回、先頭打者セームズにソロホームランを浴びたが後続を2連続三振。5番サンタナにもシングルを許すが無事1失点をキープ。5回はホームランでいい感じにパワーアップし三者連続三振!さらに6回にも三振を奪い6回被安打2、9奪三振で降板となった。

かなりの成績だが降板時は1-1の同点。前回負けが付かなかった代わりに、今回も勝ちは付かずで...未だ0勝0敗。運がいいのか悪いのか。

前田健太、リリーフになんでやねん!

Apr 7 今のローテは1番カーショウ、2番ウッド、3番マエケン、4番ヒル、5番リュとなっているドジャース。本来ですとApr 5が移動日でApr 6がマエケンの出番だったのだが試合が行われなかった。普通のチームはどうするか分からないけれども、翌Apr 7の先発ピッチャーは予定通り4番手のヒルだった。そんなローテを飛ばされたマエケンはと言うと...

IP H R BB SO HR ERA
前田健太 1.0 2 0 0 2 0 0.00

リリーフってなんでやねん!って叫んでるようにも見えます。

7回裏4-4の同点の場面で登板したマエケンは1番ジャクソンに二塁打を打たれたものの、4番ポージー、5番ロンゴリアから三振を奪った。怒りの三振と言っていいでしょう。

未だ失点無しのマエケン、ローテを飛ばすには惜しい存在ではなかろうか。ま、おそらく調整の問題だと思いますけどね。

大谷翔平、二刀流認めざるを得ない

Apr 8 大谷の2登板目は同地区のアスレチックス。おや?前もアスレチックスだったよね?前はアスレチックスのホームで戦って、今回はエンジェルスのホームで戦うという謎のスケジュール。前回やられたからなー。やはり危険なのは6番チャップマン、そして3番ラウリーもOPS.9を超えている。さて今回はどうなるか...

IP H R BB SO HR ERA
大谷翔平 7.0 1 0 1 12 0 2.08

大谷の2戦目は神が降臨。

  1. 三振、三振、三振
  2. 凡打、三振、凡打
  3. 凡打、三振、三振
  4. ゴロ、三振、ゴロ
  5. 三振、三振、三振
  6. 凡打、ゴロ、三振
  7. 凡打

はい、7回1アウトまでノーノーのパーフェクトという神ピッチング。結局その後初安打を打たれ、四球とバタついたもののゴロ、三振と仕留め7回無失点というピッチング。

こりゃマジで二刀流だな。

3登板目→田中、ダル、マエケン、大谷の2018年3登板目、3人合わせて15失点のぼっこぼこの投手たち

1登板目→日本人投手の田中、ダル、マエケン、大谷の2018年初登板を振り返ると全員合格だった!

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-エンジェルス, カブス, ドジャース, ヤンキース