めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ブルワーズ

ブルワーズは補強が大成功し開幕3連勝でメジャートップ!しかし相手が弱かっただけか?

2018/04/02

まだ開幕3戦目ですが未だ負けなしのチームが存在している。アリーグはホワイトソックス(2勝0敗)ただ1チーム、ナリーグはメッツ(2勝0敗)、ナショナルズ(2勝0敗)、ブルワーズ(3勝0敗)、パイレーツ(1勝0敗)の4チーム。

未だ無敗で3連勝のブルワーズに照準を合わせて行きましょうか。同一カードで全勝するとメジャーリーグは「スイープ」と言うそうです※掃除する?なのかな。ま、細かい事はさておき、誰が調子がいいのか気になってしまいましたのでめじゃる。

スポンサードリンク

3連戦の相手は?

野球ってのは相手チームがいて成り立つスポーツ。クッソ弱いところに勝ったところで何の自慢にもなりませんよね?って事でひとまずブルワーズのスケジュールと相手先発投手を確認致しました。

  • パドレス(リチャード)
  • パドレス(ルチェシー)
  • パドレス(ペルドモ)

相手は2017年にナリーグ西地区で4位だったパドレスが相手でした。PECOTAの予想では2018年は73勝89敗で地区5位(=クッソ弱い)となっている弱小チーム。一方ブルワーズは84勝78敗でナリーグ中地区3位との予想。めちゃ格下ではないが戦力的にはブルワーズがやや上って感じ。

勝って当然ではあるパドレスでした。

相手のパドレスの先発陣は?

相手先発のリチャード、ルチェシー、ペルドモがどの程度のレベルの選手なのかが不明では話になりません。2017年の成績を確認してみましょうか。

クレイトン・リチャード 2017年は被最多安打、最多敗を記録した34歳のタフガイ(240安打打たれるまで投げ続け、15敗してもローテを外れなかったのは素晴らしい)年棒300万ドルのエース(ちなみにダルビッシュは2番手で2500万ドル)防御率4.79でとても開幕投手を任せられる人材ではないかと思う。

しかし2018年開幕試合でブルワーズを7回1失点に抑え込んだ(けど12回表に後続が打たれ2-1で負けてしまった)

ジョーイ・ルチェシー デプスチャートでは先発4番手の選手。ほんまは2019年デビュー予定だったチームトップ9のプロスペクト24歳。2018年がメジャー初登板で4.2イニングを投げ3失点で防御率5.79。苦いデビュー戦となった。

結果、この日は8-6の乱打戦にて敗北。しかもブルワーズは9回に3点ビハインドだったのに最終回で5得点を奪って逆転勝ちをした勢い。パドレスのが安打数が多かったため無念。

ルイス・ペルドモ これまた3年目の24歳の若手。2017年は防御率4.67で8勝11敗。ちなみに2016年は防御率5.71で3番手で出て来るレベルではない(デプスチャートでは先発2番手)

これまた7-3と援護が少ない。しかしペルドモは4回5失点で降板しているため援護がどうのこうのってレベルではない。

ま、むしろ負ける要素がない相手投手だった。

ブルワーズの好調な選手

まずは現ブルワーズの打順とOPSでも確認しましょうか。

  1. 1B*セームズ OPS.429
  2. LF*イエリッチ OPS1.104
  3. CF*ケイン OPS1.386
  4. 3B*ショウ OPS.971
  5. RF*サンタナ OPS.690
  6. SS*ソガード OPS.000
  7. 2B*ビラー OPS.364
  8. C*バンディ OPS.400
  9. P*

2017年に31本塁打を記録したセームズをトップバッターに添えているがいまいち機能していないようだ。しかしながらマーリンズから補強したイエリッチが打率5割で3打点、ロイヤルズから補強したケインが打率.571で3打点、3盗塁とかなりの活躍。

そしてショウも打率.357で3打点で上位打線がキレイに機能しているところが強さの秘訣だ。

リリーフ投手のセットアッパーのヘイダーも負けてはいない。まだ3イニングながら防御率0.00で、すでに7奪三振を記録しており、奪三振率K/9は21.00とのバカげた数字。まだ23歳の2年目、サウスポーで投げ方的にもポジション的にもインディアンスのミラーを彷彿させる。

ボールの下を振ってますね。今季もしかするとこの男が素晴らしい活躍をするかも知れません。チームの浮沈次第ではオールスターにも出るかも。乞うご期待の選手ですね。

弱小に勝っても油断は禁物

ブルワーズは弱小パドレスと戦ってのスイープなのでそこまで喜んでもいられない。

ホワイトソックスも弱小ロイヤルズ、ナショナルズも弱小レッズに勝っただけで、妥当と言えば妥当なところ。しかし侮ってはイケないのがメッツの2連勝。実はメッツは強豪カーディナルスを倒しての2連勝とのことでほんまに強いかも知れません。

ブルワーズは今後インディアンスとの2連戦、フィリーズとの3連戦と続く。2017年のリーグ№1のインディアンスにもスイープすればブルワーズは本格的に強いと言えそうですかね。

余談ですが、イチローのホームランキャッチとマルチ安打は凄かった。まだまだ3割イケるとこを見せて欲しいものです(ダルビッシュは微妙でしたけどね)

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ブルワーズ