めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

初心者

2018年MLBネットワークが選ぶポジション別トップ10の発表!この選手だけは覚えよう!【一塁手編】【先発投手編】

2018/02/13

MLBネットワークが2018年開幕前に各ポジション別トップ10を発表しております。今回は一塁手と先発投手。個人的には投打の要のポジションで一番有名な選手が多いのではないかと思います。そのため№1は想像付かない...。ってことで2018年おすすめの一塁手と先発投手トップ10をめじゃる。

スポンサードリンク

一塁手ベストプレイヤートップ10

2018年開幕前、MLBネットワークが選ぶ一塁手トップ10の発表です。誰でしょうか?ひと昔前ならタイガースのカブレラでしょうが、最近微妙でしたからね。すぐ浮かぶのがダイヤモンドバックスのゴールドシュミットでしょうか?さてランキングがどうなってるのでしょうか?気になるランキングはこちら。

1. Joey Votto←最多四球5回、最高出塁6回
2. Freddie Freeman←OPS+が2年連続157
3. Paul Goldschmidt←トリプルスリーが期待可
4. Anthony Rizzo←死球が多い当たり屋
5. Cody Bellinger←39本塁打の脅威の新人
6. Jose Abreu←毎年3割30本100打点が期待可
7. Edwin Encarnacion←晩成型の指名打者
8. Brandon Belt←一塁にはパワー不足
9. Matt Carpenter←中距離型の元最多安打
10. Carlos Santana←平均出塁率.365の安定感

あー、レッズのボットを忘れてました。チームは弱いのですがボットは08年の新人王投票は惜しくも2位で10年にはMVPとなり5回のオールスターにGG賞経験もある選手。ボットの特徴はリーグ最多四球が5回、そしてリーグ最高出塁率は6回、さらに最多敬遠も3回で塁に出る事に関してはメジャートップでしょう。最近の傾向は塁に出る=打者の勝ちとされているようですのでトップに異論はありません。個人的に好きな選手です。

意外だったのは2位のフリーマン。一瞬どこのチームか迷ったぐらいずば抜けて有名な選手ではありませんが11年新人王2位、オールスター2回(8年メジャーでやってて)ぐらい。しかしこの2年のOPSが.968、.989とどんどん手が付けられないレベルになって来ているので要注意。

3位のゴールドシュミットは一塁のくせに足が速く16年には32盗塁。さらに同16年に110四球でリーグトップ。13年には最多本塁打、最多打点も記録し15年の打率は.321。そしてGG賞3回も記録している。一塁なのに無駄に5ツールプレイヤーみたいだ。凄過ぎ。

先発ベストプレイヤートップ10

2018年開幕前、MLBネットワークが選ぶ先発投手トップ10の発表です。今から出て来る10人はメジャー見る上で絶対知っておきたいところでしょう。おそらく...いや絶対現役最強投手カーショウがトップのはずです。これが違えばランキングがおかしいって言っても過言ではない。それでは実際のランキングはどんな感じなのでしょうか?気になるランキングはこちら。

1. Clayton Kershaw←7年連続CY候補+CY3回
2. Corey Kluber←CY2回の地味なバケモノ投手
3. Chris Sale←308奪三振の三振マシーン
4. Max Scherzer←CY3回の9年連続30先発
5. Stephen Strasburg←投げれば超一流のガラスのエース
6. Madison Bumgarner←MLBのエースで4番と言えば
7. Noah Syndergaard←先発だが平均99.6マイルの速球
8. Carlos Carrasco←2番手のくせに最多勝
9. Justin Verlander←新人王+CY+MVP
10. Kyle Hendricks←遅い速球で仕留める謎投手

さすがに誰が順位を付けたとしても上位4人はカーショウ、クルーバー、セール、シャーザーになるのではなかろうか。WARは断トツでカーショウがトップ。奪三振数ではシャーザー、セールがカーショウを上回る。クルーバーは全てにおいてハイレベルってとこか。

5~7位のストラスバーグ、バンガーナー、シンダガードは稼働率が悪くケガしてる印象が強い(17年に限ってだが)そしてバーランダーは17年アストロズの世界一に貢献したがすでに13年目の34歳ベテラン。いつ成績が下降してもおかしく無い。

唯一異色なのが10位のヘンドリクス。速球の平均球速86.3マイルはワースト2位でワーストがナックルボーラーなので実質球界でも最も遅い選手(86.3マイル=138.8キロ)下手したら甲子園で彼より速いのはいっぱいいるがそれでもメジャーで活躍し、トップ10に入って来るのだから世の中分からない。かなりの注目選手のひとりだ。

2018年はやはりカーショウ率いるドジャースが要チェックです。

まとめ

2018年の一塁手の注目選手はレッズのジョーイ・ボット、先発投手の注目選手はドジャースのクレイトン・カーショウとなりました。ま、2017年のMVP投票2位のボット、サイヤング賞投票2位のカーショウですから確かに注目したい。

さすがにこのポジションだけは上位3位っていうよりもせめて5位ぐらいまで覚えておきたいとこです。上位5人はメジャーを代表する選手の集まりですのでそこかしこで2018年も名前を聞く事になるでしょう。

バケモノの集まりのメジャーリーグ。その中でもさらにバケモノが今回の一塁、先発です。是非覚えて帰って下さい。

他のポジションはこっちから↓

2018年MLBネットワークが選ぶポジション別トップ10の発表!この選手だけは覚えよう!【左翼手編】【捕手編】

2018年MLBネットワークが選ぶポジション別トップ10の発表!この選手だけは覚えよう!【遊撃手編】【三塁手編】

2018年MLBネットワークが選ぶポジション別トップ10の発表!この選手だけは覚えよう!【二塁手編】【右翼手編】

2018年MLBネットワークが選ぶポジション別トップ10の発表!この選手だけは覚えよう!【一塁手編】【先発投手編】

2018年MLBネットワークが選ぶポジション別トップ10の発表!この選手だけは覚えよう!【救援投手編】【中堅手編】

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-初心者