めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ロッキーズ

2017-18年FA!ナリーグ西地区ロッキーズはFA直後に戦力はどう変わるのか?

2017/12/17

ナリーグ西地区のドジャースが断トツで地区優勝を果たした。それにつられてダイヤモンドバックス、ロッキーズも強さを発揮し同地区からワイルドカードが2チームに。ロッキーズはアレナドにブラックモンがMVP級の活躍。そんなロッキーズからFAで出てってしまう選手をまとめたのでめじゃる。

スポンサードリンク

2017-18年ロッキーズのFA状況

野手は150打席以上(計391人なので各チーム13人ほど)、投手は40.0投球回以上(計410人なので各チーム13人ほど)のいわゆる25人ロースターに入る主力選手のチームの2017-18年のFA状況を確認する。選手名の後にfWAR(以下f)rWAR(以下r)の数値も確認。

先発ローテーション投手

  • T・チャットウッド(f1.1*r2.2)

8勝15敗で最多敗を記録したものの33試合(25先発)は及第点。何故かカブスが興味を示し、3年契約を勝ち取った。このヒッターズパークで防御率4.69が他所でどんな成績を残すのか見物だ。

リリーフ救援投手

  • P・ニシェック(ランク外
  • J・マギー(f1.5*r1.4)
  • G・ホランド(f1.1*r1.4)

7回ニシェック、8回マギー、9回ホランドの勝利の方程式メンバーが全員FAとなる。ホランドにはクオリファイングオファーを提示したものの断られている。しかし防御率はニシェック2.45、マギー3.61、ホランド3.61。これは凄いのか?が良く分からない。WARは優秀。確実に補強しないと終わってるポジション。

捕手

  • J・ルクロイ(f1.0*r0.9)
  • R・ハニガン(ランク外

正捕手を任されてたウォルタースに代わり8月上旬より正捕手に座ったルクロイ。今季通算OPS.716で以前のような打撃力はどこへやら。フレーミングも最下位レベルでどこか獲るところは現れるのだろうか?

一塁手/DH

  • M・レイノルズ(f0.8*r0.9)

もともとは2割を切るぐらいの確実性の無かったレイノルズだが、クアーズフィールドの影響もあってか打率.267で30本塁打、OPS.839の好成績。このレベルであれば再契約もしておいてもいいのだが...他の選手でもいいか。

二塁手

  • FA選手無し

三塁手

  • FA選手無し

遊撃手

  • A・アマリスタ(f-1.2*r-1.4)
  • C・アダムス(ランク外

投手、捕手、一塁以外の全てを守るユーティリティプレイヤーのアマリスタ。打撃力はOPS.620でWARはチーム最低レベル。こんな成績だからこそクラブオプションを破棄されFAとなっている。どこでも守れる選手とかは需要あるとは思うが...。

外野手

  • C・ゴンザレス(f-0.2*r-0.2)
  • S・カードゥロ(ランク外

元首位打者のゴンザレスが通算2回目のWARマイナスを記録。さすがにこの成績で$20Mプレイヤーとあっては足を引っ張ってるだけだろ。ある意味7年$80Mの契約がここで終わった事がチームとしては最高のタイミング。ゴンザレスあばよ。

2017-18年FAの結果

各ポジ毎に(fWAR+rWAR)÷2を実施しトータルWARの収支を計算し、このまま行けば2018年はどうなるかを確認したのが下記表となります。

2017 Tm W L SP RP C 1B DH 2B 3B SS OF TOTAL 2018
1 LAD 104 58 0.0
2 ARI 93 69 1.2 2.0 2.6 5.8 ↓-6
3 COL 87 75 1.6 2.7 0.9 0.8 -1.3 -0.2 4.5 ↓-5
4 SDP 71 91 0.0
5 SFG 64 98 0.0

ダイヤモンドバックスと同様にロッキーズも大きく戦力ダウンに。しかしお荷物の子らも同時にFAとなり順位は変わらず。FAでは投手、その中でもブルペン陣が抜けるのは厳しい。クアーズフィールドは今でも極端なヒッターズパークなので投手も来たく無いだろうから、一気に勝利の方程式メンバーが解体するのはキツイ。

そんな中34番のホフマンの投球がナスティー(えげつない)と評判。これはおそらく投球の約20%を誇るカーブだとは思うが、当たらなければクアーズフィールドでも関係無いもんね。期待の若手は来季は二桁勝利にイケるのか?楽しみ。

まとめ

ロッキーズはFAでスターター、ブルペン、捕手、一塁に大きな穴が空く。

地区3位になったのは完全にマグレのような気もするが、その活躍したメンツが抜けるのが悲しい現実。特にカーディナルスでしょぼかった一塁レイノルズや2016年一度もメジャーで投げなかったホランドを獲得したのが凄い眼力。

そんな掘り出し物がヒットするしか補強能力が無いのに、ドジャースやダイヤモンドバックスに勝とうなんて無理がある。意外にどのチームよりもポストシーズンに進出することが難しいのはロッキーズなのかもしれませんね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ロッキーズ