めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

カブス

2017年カブスの月度別のローテーションと故障者リストまとめた

2017年のシカゴ・カブスの月毎のローテーションの変移を紹介して行こうかと思った。ほぼ不調やケガ人とか出てしまって、開幕時のローテーションで1年間ずーっと戦えないしね。では開幕から現時点までめじゃる。

スポンサードリンク

カブス2017年開幕ローテーション

2016年:103勝58敗(地区優勝、ワールドチャンピオン)のチームだったが...

Throws Name Pos W-L ERA SO SV FIP
SP L Jon Lester 1st 19-5 2.44 197 0 3.41
SP R Jake Arrieta 2st 18-8 3.10 190 0 3.52
SP R John Lackey 3rd 11-8 3.35 180 0 3.81
SP L Brett Anderson 4th 1-2 11.91 5 0 7.91
SP R Kyle Hendricks 5th 16-8 2.13 170 0 3.20
RP R Wade Davis CL 2-1 1.87 47 27 2.29

上記は2016年度の成績だが、いまいちよくわからんアンダーソンを追加したが大丈夫なのか?昨季の成績だけで判断すると「使えない」の一言。抑えには実績のあるデイヴィスを追加。この選手を取るって事は...2連覇狙ってるってことになる。今季のカブスはどうだろうか?

2016年からのローテーションの変化

  • 先発:ジェイソン・ハメル→ブレット・アンダーソン
  • 抑え:ヘクター・ロンドン→ウェイド・デイヴィス

カブス2017年4月ローテーション

2017年4月:13勝11敗(地区1位)

Throws Name Pos W-L ERA SO SV FIP
SP L Jon Lester 1st 0-1 3.68 26 0 3.58
SP R Jake Arrieta 2st 3-1 4.66 34 0 4.27
SP R John Lackey 3rd 2-3 5.10 30 0 4.93
SP L Brett Anderson 4th 2-0 3.54 14 0 3.88
SP R Kyle Hendricks 5th 2-1 4.18 22 0 5.03
RP R Wade Davis CL 2-0 0.00 12 6 1.26

エースと目されるレスターがまだ1勝も出来ず。ま、エース対決となれば5番手対決の1勝とは重みが違うので一概に勝たないからダメだとは言えないけど...。他がいっぱい勝ってるからまだいい。ってか抑えのデイヴィスは成功だな!防御率0.00とか神懸かってる※FIPは変動していく為、当時の参考値となります

4月度ローテーション順序

2 Lester 9 Arrieta 15 Arrieta 21 Lester 26 Lester
3 10 Lester 16 Lester 22 Arrieta 27
4 Arrieta 11 17 Lackey 23 Lackey 28 Arrieta
5 12 Lackey 18 Anderson 24 Anderson 29 Lackey
6 Lackey 13 Anderson 19 Hendricks 25 Hendricks 30 Hendricks
7 Anderson 14 Hendricks 20
8 Hendricks

アリエータとレスターが1番手2番手をウロウロしてて何やってんだかって感じ。その後のラッキー、アンダーソン、ヘンドリクスは固定され新規で雇ったアンダーソンが投げると4勝1敗でなかなかの補強となってる。強いチームはケガ人が少ないイメージ。カブス全然おらへんわ。

4月度故障者リスト

  • 4月2日、中継ぎブライアン・ダンシングが10日間故障者リスト入り
  • 4月14日、中継ぎブライアン・ダンシングが復帰

総評

まだシーズン中ですので随時(月初めに)更新予定です。

野手版はこちら→2017年カブスの月度別のスタメンと故障者リストをまとめてみた!

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-カブス
-