めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

インディアンス カブス ポストシーズン

WS6試合目、ラッセル満塁弾含む6打点!カブスもWS優勝に王手!

2016/11/03

インディアンスの本拠地プログレッシブ・フィールドに戻って来た。もー後が無く綱渡りのカブスだが昨日総力戦で2-3でギリギリの勝利。移動日挟んだ本日崖っぷちのカブスの命運は如何に?そこんとこめじゃります。

スポンサードリンク

試合開始前にカブスは2番DHシュワーバー、インディアンスはDHサンタナとの情報が。このDHがあるか無いかで作戦が変わるってのも醍醐味←しかし両リーグDH制になるとゆー噂も。カブスはシュワーバー使いたくても使えなかったんで待ち遠しかったはず。シュワーバーがおるカブスはもひとつパワーアップするからな。んでインディアンスの先発は第3試合で4.2回を無失点に抑えてる精密機械のトムリンだったが結果は...。

カブスのラッセルが6打点の大暴れ!

1回裏、6番ラッセルが2アウト一三塁で迎えた3球目、全球外角に外れたボール球だったがセンターに運び走者一掃の二塁打を打って2打点。さらに3回裏、1アウト満塁で迎えた打席。直前にトムリンが降板しててリリーフのオテロとの対戦。1球、2球とボール判定となりほぼほぼど真ん中の3球目をなんと満塁本塁打キター!結局ラッセルはこの2本だけだったけど、計6打点と確変状態中だった。

先発アリエータは5.2回を9奪三振

1回裏、3点もらって余裕状態のアリエータは四球を出したが3回裏まで危なげなく終了。すでに7-0と余裕のリード。しかし4回裏、2番キプニスから始まり二塁打、安打で1失点、死球四球でさらに2アウト満塁になるも追加点与えず。5回裏にはキプニスの本塁打で7-2になるが焼石に水。6回にも四球を出したとこでモンゴメリーにバトンタッチ。お疲れ。まー打線に助けられたって感じやな。

フランコーナ監督がチャップマン酷使

7回裏、2アウト一二塁のピンチでまたもクローザーのチャップマンを投入。映像でギリッギリの判定でアウトとなりピンチ脱出。そしてやっぱ8回裏も続投。三振、安打、併殺で無失点に切り抜ける。そしてさらに9回裏も続投!え?酷使流行ってんの?(笑)結局先頭打者を四球で出してしまい降板。その後1点取られとったけど9-3でカブスが勝利した。この点差でチャップマンが必要だったのか?

2016.11.01ワールドシリーズ結果

インディアンス下位打線が貧弱過ぎか

結局7-3でボロ負けてしまったインディアンスだが、ちょっと下位打線が貧弱なのが気になる。6番以降は9番ペレスが1安打で後は全員無安打。けど下位打線全員で4四球やからまだ救いはあるか。取り合えずキプニス、リンドーア、ナポリ、ラミレスで点取らな勝てやん状態なのかな。カブスの上位打線、特にリゾー、ゾブリストが4割近く打ってて驚異的やからこの二人要注チェックやのほーやで。

2016年最終章の結末はどっちか?

さて今年最後の予想です。インディアンスは明日はおそらくクルーバー→ミラー→アレンの防御率0点台トリオしか出さないだろう。結局カブスはこの3人を打たないと勝てない設定になっとる。ヘンドリクスも防御率1.31と優秀だが、計算上1点取られたら負けてしまうのだ。明日はほんま1点の争いになるだろうな。結局インディアンスの優勝と予想する!しかも0-2で!これは当たりそうだろ?

まとめ

えーっと、カブスが粘る!1勝3敗の時はもー終わったと思ったのに(笑)最終戦までもつれるとはめっさ素敵やん!明日は時間的に試合終了まで見れへんかも知れへんで、サクサクッと回は進めて欲しい(笑)カブスは結局インディアンスの強力投手陣クルーバー、ミラー、アレンを攻略出来るのかがポイントとなって来そうだな。インディアンスはヘンドリクスから何点取れるかがカギ。3点取ったらインディアンスの勝ちやわ。

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-インディアンス, カブス, ポストシーズン
-, ,