めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

カブス カーディナルス パイレーツ

代打の事ならマットにお任せ!チャンスに出て来る代打○の選手に注目

試合の勝敗を左右すると言っても過言では無い「代打」とゆー職業。スタメン全員が健康で最高でケガしないのであればもしかしたら必要無いのかも知れないが、それは無理難題。そこで代打で怖い男たちをめじゃります。

スポンサードリンク

基本的にはロスターが25人、そのうち投手12人、スタメン野手がアリーグ9人(ナリーグは8人)って考えると残り4~5人が代打って事になる。アはよく分からんが、ナは特に投手交代の際によく代打が使用されてた。基本は打力の低い選手、調子の悪い選手の代わりに出て来るって事か。要はここで打って欲しいのってベンチが思ってる時に出番って事だ!そこで今季30打席以上の選手の中から注目選手を選んでみたので聞いてって。

めっさ怖い!最恐の長距離砲アダムス

カーディナルスのマット・アダムスが最恐だった。33打席で、打率.333(1位)長打率.667(1位)OPS1.000(1位)5二塁打(1位)。なんやねんこの成績!代打に求めてるのは取り合えず打って欲しい、しかも出来れば長打をって感じでしょ?ごっついピンチでこんな選手出て来たら投手厳しい。せっこいよね。中軸並みのやつがベンチで控えてるって絶対せっこい。アダムス最恐!

こんな代打は嫌だ!出塁するジョイス

パイレーツのマット・ジョイスが最強で最高。79打席(1位)で4本塁打(1位)13得点(1位)15打点(1位)21四球(1位)出塁率.443(1位)。代打のもう一つの役割は出塁するって事だと思う。気持ち的には代打で指名されたら打ちたいって思てまうと思うけど、四球を選ぶってのが凄い!しかも得点も打点も取ってるから、こんないー代打は他にはいないだろう。ジョイスチョリス!

良くも悪くもない無味無臭のシーザー

カブスのマット・シーザー?ちょっと読み方分からんだけど。48打席(11位)で打率.267(5位)12安打(6位)1三塁打(2位)8得点(4位)ま、これぐらい打ってくれたらありだなってゆーレベルの見本だな。さすがにマットが続いてたのでシーザーも紹介したくなってまった。こーゆーのが私の悪い癖(笑)しかしこのレベルが終盤のいーとこで出て来たら怖い。カブスの秘密兵器だな!

2016年マットたちの代打成績

普通の代打はどの程度の猛者なのか?

あくまで相対的に確認しやな意味無いなーって思うから、平均値を確認したので報告します。代打の平均は打率.212、出塁率.297、長打率.345、OPS.692となっておりました。ちなみにスーザーはOPS.646なので...まーギリギリ平均としてあげよう(笑)代打ってのはあくまでベンチ要因なんだから、基本的には下位打線レベルって事で落ち着いてしまいました。予想外だな!

史上最強?の代打もやっぱりマット?

メジャーリーグ史上代打での最多本塁打は1992~2011年まで活躍したマット・ステアーズの19本でした。嘘やん!?これは出木杉やろ!さすがにここまで知ってて記事にした訳では無かったんやけど、こんな結末になるとはな(笑)ちなみに200打席以上の代打の中で、このステアーズは長打率.459(3位)ISO.233(2位)OPS.795(4位)だった。代打のマット=最強説!

まとめ

えーっと、個人的に素晴らしい締めくくりとなりましたね(笑)。今季の代打成績でマットが続いたでおもろいなー程度のスタートやったけど、まさか歴代代打最多本塁打もマットだったとは!まー、マットだけでチーム作れるくらい今季も全ポジションにもマットおるから確率的には高いんやけどさ。ここでポイント!出塁して欲しいならジョイス、長打欲しいならアダムス、よー分からんだら代打ならマットで覚えてって下さい。

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-カブス, カーディナルス, パイレーツ
-, ,