めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ブルワーズ

またもやブルワーズのイエリッチがシーズン2度目のサイクルヒット達成!日米野球でもサイクルお願いしやす

8月29日のレッズ戦で場所は確か...グレートアメリカンボールパーク(レッズの本拠地、いわゆるアウェイ)でサイクルヒットを達成したイエリッチ。昨年の球場の三塁打パークファクターは73で決して三塁打が出やすい場所では無い。そこで達成したイエリッチってほんと神だよねー。

これが前回のサイクル→ブルワーズの外野手イエリッチがサイクルヒット(サイクル安打)達成!もうひとりのサイクルヒットも確認した

って感心しているまもなく!

またもや今度はミラーパーク(ブルワーズの本拠地、いわゆるホーム)でサイクルヒットを達成したとの噂が!ちなみにミラーパークの三塁打は97で比べるとまだ出やすいかなと。

直後に試合の履歴を確認したところ、シングル、ホームラン、ホームラン、スリーベースって見えておや?これサイクルか?なんて思いましたので改めて確認するってことでめじゃる。

スポンサードリンク

イエリッチがシーズン2度目のサイクルヒット!

やはり噂は本当か?またもや日米野球にも参加が決まっているブルワーズの外野手イエリッチがサイクルヒットを達成した。9月17日の出来事だった。

1打席目、シングルヒット

本日は2番左翼で先発出場したイエリッチ。1回裏、防御率4.92のデスクラファニが相手。取りあえずのキレイなセンター返しでシングルヒットで出塁。見逃し、ファウルからのツーストライクの出来事だった。0-2からのヒットは凄い。

2打席目、ツーベースヒット

グランダーソンが四球で歩いた3回裏、今度もまた初球ファウルで2球目を一塁を貫通する鋭いゴロで二塁打を達成。意外にイエリッチは早打ちなんだなと感じた。

3打席目、ホームラン

まだまだデスクラファニ。サンタナが先頭打者ホームランで1点追加し2-0に。そしてグランダーソンがシングルヒットを打った5回裏。今度は初球をライトスタンドへぶち込むホームランを記録した。残り三塁打のみ。

4打席目、スリーベースヒット

6-0で迎えた6回裏、ランナー二人を置いてまたもイエリッチ。これで三塁打が出ればサイクル達成だったのだが...またもツーストまで追い込まれたものの今度は右中間最深部へ打球が飛ぶ。そして走って走ってのセーフ。これでまたサイクル達成だった。

ま、グランダーソンがいたおかげでホームへ返球しなきゃならんかったからちょっとごっつあん的な要素もありましたが、おめでとうって事ですわ。

4打数4安打でサイクルヒット達成か、こいつヤバいな。ジスイズ私のMVPやな。

イエリッチの走力は?

こんな何度も何度もサイクルを達成するってやっぱり足がクソ速いのか?

取りあえず今シーズンの三塁打数を確認したところ、14位タイの6本だった。トップはダイヤモンドバックスのマルテが11本。そう考えると最多三塁打の選手でもシーズンで11回しかサイクルヒットのチャンス無いんだな。こりゃレアだ。

走力指標のひとつBsRを確認したところ、イエリッチは5.1で11位。これはアルトゥーベやゴードンよりも上の数字。相当足で貢献しているといってよい。

ではさらに走力に特化したUBR(アルティメットベースランニングだったかな)を確認したところ、4.3でメジャー全体5位!走塁4を付けてあげたい能力だ。

最近流行りのスプリントスピードを確認したところ...イエリッチは28.5ft/secで98位だった。

トータルすると、走力は並みよりも上程度だが走塁能力に長けている選手といったところか。ホームランも31本打ってるからね。このバランスは凄いね。

まとめ

シーズン2度目のサイクルヒットを達成したのは2012年のアーロン・ヒルから6年ぶりらしい。それより昔となると1931年のベーブ・ハーマンまでさかのぼる。昼がいなけりゃ87年ぶりの快挙となっていた。

他には1883年のジョン・ライリー、1887年のティップ・オニールだけであり全部で1、2、3、4...たった5人!イエリッチは100年に5人ぐらいの偉業をこっそり達成していたのだった。

こんな選手が日米野球来るとか...ヤバイですよね。見たいですよね!けどまだ迷い中ー。このままイケバポストシーズンはイケそうだし、イエリッチ新天地で爆発中なので楽しみだ。

元マーリンズの外野手がポストシーズンで勢ぞろいするかも知れません。地味にそれが楽しみでなりません。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ブルワーズ