めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ブレーブス ヤンキース MVP

MLB2018年8月ルーキーオブザマンスはヤンキースのWルーキーのひとりアンドゥーハーとブレーブス最強のルーキーアクーニャに

つい先日、大谷翔平が苦手の左腕からホームランを打ったーって情報が飛び込んできてましたね。打撃よりも先発完全復帰を望んでいるのは私だけでは無いはず...チームも弱いし来季に期待したいとこ。

さてと、開幕から~現在までのルーキーfWARを確認したところ、野手トップはカーディナルスの守備職人ハリソン・ベイダーが3.4、次いでアクーニャ3.0、ソト2.9と続く。ナリーグは激戦区となりました。

投手トップは変わらずドジャースのウォーカー・バウラー2.3です(いまいち知らないのですが凄いのでしょう)

大谷翔平は野手部門でルーキー8位の1.9、投手部門はルーキー19位で1.0で計2.9。このまま行くともしかしたらルーキーオブザイヤー獲得出来るかもですね。幸か不幸か最強のルーキーたちは漏れなくナリーグ。この賞を獲らすためにあえて神が大谷をアリーグに行かせたのかも知れません...ではルーキーオブザマンスの結果をめじゃる。

スポンサードリンク

アリーグのルーキーオブザマンス

アリーグの8月のルーキーオブザマンスはヤンキースの三塁手ミゲル・アンドゥーハーが選ばれた。

# Name Team G PA HR R RBI SB AVG OBP SLG ISO WAR
27 Miguel Andujar Yankees 30 128 10 21 29 1 0.320 0.344 0.623 0.303 1.0

この1ヵ月の出場試合数は30試合でトップ(皆勤賞だろう)、128打席も7位で休まず頑張った証が満載。10本塁打はメジャー全体(ルーキーのしばり無しでも)4位、21得点は11位、29打点はトップ、盗塁1。おいおい普通にプレイヤーオブザマンスを獲得しても誰も文句は言わないレベルだ。

打率.320は27位、出塁率.344は30位圏外、長打率.623は11位でISOは驚異の.303で17位。ISOは.300を超えるとパワーS級だと思ってる。このヤンキースの新人ヤバ過ぎる。

残念ながらOPSは1.000を超えず.967で17位、fWAR1.0で27位程度。思ったよりもOPSが伸びないのは出塁率と打率がほぼ変わらないのが原因だな。四球選ぶ必要はないが不調になったらヤバいタイプなのかも知れない。

22歳で5試合ほど出場し、23歳のルーキーイヤーでこの成績。左右の打撃も右OPS.862/左.834とほぼ苦にせず極端な不調の時も無い。5番6番の打席だとOPSは1.000を超えるが、上位打線はまだ荷が重そうだ。

気になるところが8月の四球数がたった4。年間で計算すると24程度か...これはかなり少ないペース。来年あたりが勝負の時。不運が続けば一気に出塁率が暴落するのかも。

ナリーグのルーキーオブザマンス

ナリーグの8月のルーキーオブザマンスはブレーブスの左翼手ロナルド・アクーニャが選ばれた。

# Name Team G PA HR R RBI SB AVG OBP SLG ISO WAR
4 Ronald Acuna Braves 30 131 11 25 21 6 0.336 0.405 0.698 0.362 1.8

8月に稼いだfWAR1.8はメジャー全体でトップ4の四天王に入るレベル。上位にはターナー、チャップマン、ベッツと強敵揃い。この中に入るだけでもヤバいルーキーってのが分かる。

アクーニャもまた30試合に出場し皆勤、131打席はスタントンに次ぐメジャー2位で誰よりも頑張ってた感がある。11本塁打はサイクルヒットのイエリッチと並びメジャートップの数字で、25得点はベッツと同格のメジャートップ、21打点はメジャー7位で球界トップクラスの切り込み隊長だった。

打率.336は14位、出塁率.405は18位、長打率.698は4位でISO.362はメジャー5位。惜しくもトップ項目はないが十分チートレベルだ。OPS1.103はターナー、ペラルタ、JD、ゴルシュミに続く5位。これがルーキーのやることかよ。

アクーニャと言えば8月11日からの5試合連続6本塁打が忘れられん。14日にマーリンズにぶつけられなければどこまで行ったのだろうかと感慨深いとこだ。松井の5打席連続敬遠ではないが、ぶつけなければ止められなかったのだろうよ。

まとめ

8月のルーキーオブザマンスは...

  • アリーグ*ヤンキースの三塁手ミゲル・アンドゥーハー
  • ナリーグ*ブレーブスの左翼手ロナルド・アクーニャ

ナリーグのルーキーオブザイヤーはもうアクーニャで確定でしょ!インパクトもあったし成績も申し分ない。本塁打もルーキートップでチームも強い。しいていうなら試合数が少ないところだ。デビュー当時のハーパーっぽい印象を受けるのは気のせいだろうか。

一方アリーグのルーキーオブザイヤーが困りもの。順当にイケばヤンキースのアンドゥーハーかトーレスの二択だろうが、インパクトという意味では大谷も捨てがたい。二刀流で賞を獲得しようとしたらルーキーオブザイヤーかシーズンMVPしかないのだから取っておきたいがどうだろう。

結局、シーズン開始前にプロスペクトランキングトップ100で紹介した1位大谷、2位アクーニャ、5位トーレスらがルーキーオブザイヤーを獲得したなら、このランキングってかなり精度が高いシロモノなんだなって感じてしまうね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ブレーブス, ヤンキース, MVP