めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

アストロズ ドジャース

バーランダー200勝、カーショウ150勝!では最強の現役投手は誰?

2018/08/21

サイ・ヤングが511勝を達成してたのは遠い昔。今では500勝どころか300勝を達成する投手も出て来ないのではないかと言われている。ちなみにトミー・ジョン手術でお馴染みのトミー・ジョンは288勝しているから凄い話。

そんな中、2000年を代表する投手バーランダーとカーショウが節目となる勝利数を記録した。彼らのどちらかが2000年代最強なのか?その栄誉を称えめじゃる。

スポンサードリンク

ドジャースのエースカーショウ150勝達成!

現地時間で2018年8月19日、地区3位だが貯金18のマリナーズ相手に7.0回を被安打4、失点1の7奪三振で見事150勝を達成したドジャースの左腕エース、クレイトン・カーショウ。

2008年の20歳でデビューし、21先発で5勝5敗とルーキーオブザイヤーは圏外。しかしその後最多勝3回の8年連続二桁勝利。7年連続オールスターという現在メジャーを代表するエース。

その間サイヤング賞3回、MVP1回、最多奪三振3回(シーズン300奪三振達成)、最優秀防御率5回などなど。最強投手のひとりだ。実働11年で150勝。平均13.6勝という凄まじい成績。

ただ最近ケガをよくしている感じで離脱が多いのが心配。

しかしながら今引退したとしてもおそらく殿堂入り出来るぐらいの成績はすでに記録している。目指すはノーラン・ライアン、グレッグ・マダックスクラスだ。

アストロズの救世主バーランダーが200勝達成!

現地時間で2018年8月19日、カーショウと時を同じくして今地区首位を争っているアスレチックス相手に5.1回を被安打7、失点4の6奪三振で3ホーマー打たれたが、見事200勝を達成したアストロズの右腕、ジャスティン・バーランダー。

2005年の22歳でデビューし、2先発で0勝2敗とお試し期間はいまいちな成績。しかし本格デビューの2006年、30先発で17勝9敗、防御率3.63で見事ルーキーオブザイヤーを獲得した。最多勝2回の9年連続二桁勝利。5年連続7回のオールスター出場というこれまた現在メジャーを代表するピッチャー。

サイヤング賞1回、MVP1回、最多奪三振4回、最優秀防御率1回などなど。カーショウには劣るかもだが最強投手のひとりである事は間違いない。実働14年で200勝。平均14.2勝というカーショウを超える成績だ。

バーランダーもまた今引退したとしてもおそらく殿堂入り出来るぐらいの成績。全盛期も残り少ないだろうがカート・シリング、トム・グラビンは超えたいところだ。

現役ナンバーワン投手は誰!?

現役で一番勝ち星の高い順に選手を並べてみた。

  1. 右バートロ・コローン(TEX)247勝
  2. 左CC・サバシア(NYY)244勝
  3. 右ジャスティン・バーランダー(HOU)200勝
  4. 右ザック・グレインキー(ARI)184勝
  5. 左ジョン・レスター(CHC)172勝
  6. 右フェリックス・ヘルナンデス(SEA)168勝
  7. 右マックス・シャーザー(WSN)157勝
  8. 左コール・ハメルズ(CHC)155勝
  9. 左クレイトン・カーショウ(LAD)150勝
  10. 右アービン・サンタナ(MIN)149勝

史上49位の45歳コローン、史上55位の37歳サバシアがやはりツートップか。この二人はもはやレジェンド級。次いで35歳のバーランダー、34歳グレインキーと続く。34歳レスター、32歳ヘルナンデス、33歳シャーザー。34歳ハメルズ。

そして30歳のカーショウ。

5年で50勝してバーランダーと同クラスと考えると...バーランダー凄過ぎるやろ!この勝ち星だけだとコローンに分があるが、現役最強と言えるのか?

そこで殿堂入りモニター(殿堂入り出来るかどうかの指標)で調査した結果、現役最強投手は...

  1. カーショウ172
  2. バーランダー144
  3. シャーザー122
  4. サバシア113

殿堂入り選手は100以上が可能性があり130を超えるとほぼ決まりみたいな指標だが、こう考えるとやはり現役最強投手はカーショウ。そしてバーランダーも殿堂入り確定レジェンドだという事が分かる。

あのシャーザーでさえこの二人より下か。何ちゅう奴らだ。

まとめ

カーショウの150勝、バーランダーの200勝と節目となる記録がまさかの現役最強ツートップだったとはなんたる偶然。

前からこのふたりが凄い事は知ってはいたが、殿堂入り出来るほどの、しかも現役最強の投手だったとは驚き(カーショウのが上なのは知ってたが)

ただバーランダーにあってカーショウにないものと言えば、ワールドシリーズ制覇の称号だろう。バーランダーはアストロズに拾われ棚ぼたでゲットしたが、カーショウの移籍はまず考えられず、ドジャースで世界一になるしかない。

今季ポストシーズンは怪しいドジャースだが、カーショウが世界一になる日はくるんだろうか...

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-アストロズ, ドジャース