めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

レッドソックス MVP

MLB2018年6月ピッチャーオブザマンスはレッドソックスの奪三振マシーンとカブスのfWARでは測れない規格外の投手!

2018/07/05

さてさて、開幕から3ヵ月目経過しました。やっぱり野手のがイメージが強く投手に目立ったのいたかなーって感じです。6月度のfWARの投手トップ3はレッドソックスのクリス・セール2.0、インディアンスのトレバー・バウアー2.0(めっちゃ意外なんですけど)、ヤンキースのルイス・セベリーノ、エンジェルスのタイラー・スキャッグス、メッツのジェイコブ・デグロムが1.4で並んでおりました。

ピッチャーオブザマンスの予想としては...意外に1日に9回被安打2で無失点、11奪三振を記録したブレーブスのフォルティネビッチかも知れないかもって願望抱いておりますが...どうでしょうか?それではピッチャーオブザマンスの結果をめじゃる。

スポンサードリンク

アリーグのピッチャーオブザマンス

アリーグの6月のピッチャーオブザマンスはレッドソックスの先発投手クリス・セールが選ばれた。

# Name Team W L G GS IP SO K/9 BB/9 HR/9 ERA FIP xFIP WAR
1 Chris Sale Red Sox 3 2 6 6 41.0 60 13.17 1.98 0.22 1.76 1.38 2.06 2.0

この1ヵ月の勝ち星3勝は8位、出場試合数は6試合(先発6試合)で1位、投げたイニング数41.0は4位(1ヵ月6先発で40イニングぐらい投げればトップクラスみたいだね)、奪三振60は2位だった(意外にもバウアーが62奪三振でトップだった)

正直セールとバウアーは甲乙付けがたい成績。どっちが受賞しても文句無しの成績だった。

奪三振率13.17は3位、四球率1.98は19位でこれはかなり凄い状態。本塁打率0.22は3位で三振獲って四球出さず本塁打打たれない、最強ですね(ちなみにバウアーは奪三振率13.50、四球率2.40、本塁打率0.22でとんとん)

そして防御率1.76は5位、FIP1.38は2位、xFIP2.06は1位でfWAR2.0は1位となった。

んー、すべてにおいて高レベルだがトップなのは無名なxFIPだけか...セールらしいっていえばセールらしいが、バウアーでも良かったのかな?と思わすピッチャーオブザマンス受賞となった。もうワンランク上を目指したかった。

6月8日に8.0イニング投げて被安打6、10奪三振で1失点に抑えたのにチームは最終的に0-1で負けるという不甲斐ない展開。ラストの3試合は7イニングを投げて二桁奪三振、2失点、無失点、無失点とどんどん手が付けられない状態に。6月30日の7イニング被安打1、四球1で11奪三振が6月の最高の成績だった。

7回無失点二桁奪三振の2回が効いたのか?それとも7回無失点を3試合連続が効いたのか?セールさんおめでとうございます。

ナリーグのピッチャーオブザマンス

ナリーグの6月のピッチャーオブザマンスはカブスの先発投手ジョン・レスターが選ばれた。

# Name Team W L G GS IP SO K/9 BB/9 HR/9 ERA FIP xFIP WAR
39 Jon Lester Cubs 5 0 5 5 32.0 20 5.63 2.81 0.56 1.13 3.70 4.58 0.6

この1ヵ月の勝ち星5勝は1位(他フィリーズのエフリン5先発で5勝、ダイヤモンドバックスのグレインキーが6先発で5勝)、出場試合数は5試合(先発5試合)で圏外、投げたイニング数32.0は圏外、奪三振20も全然圏外だった。

特筆すべきは勝ち星のみ。その他においては全然ダメピッチャーにすら見えてしまう。何故レスターか選ばれたのか?その理由は分かるのだろうか...。

奪三振率5.63は圏外、四球率2.81も圏外、本塁打率0.56は16位。唯一と言っていいぐらいのアピールポイントは被本塁打率ぐらいか。ただし防御率1.13は2位、FIP3.70は圏外、xFIP4.58も圏外でfWAR0.6も圏外。圏外圏外圏外圏外...何でピッチャーオブザマンスに選ばれたのだろう。

防御率は1.13で5勝、凄いけれども...運が良かったのかなと思っちゃいます。

毎回毎回10奪三振する事など皆無だが、今月は無失点が3回もあった。何故かヒットを打たれにくく、7イニングで被安打2、7イニングで被安打1の試合がある。何故かこの男凄過ぎる。

まとめ

6月のピッチャーオブザマンスは...

  • アリーグ*レッドソックスの先発投手クリス・セール
  • ナリーグ*カブスの先発投手ジョン・レスター

この月のfWARトップ3はアリーグはセール2.0、バウアー2.0、セベリーノ1.4。ナリーグはデグロム1.4、エフリン1.2、コービン1.2だった。今回セールはなるほどねって感じでしたが、まさかレスターがピッチャーオブザマンスとは...fWARの有用性も怪しくなって来た。

最近の考え方は三振、四球、本塁打以外はピッチャーの責任では無いって極論が一般的になりつつあるのでしょうが、fWAR4.16のレスターが11勝2敗で防御率2.25って成績はどう説明するのだろう?これも運?しかもレスターは毎年fWARは悪いが勝ち星は凄い。

カブスの先発ジョン・レスター、現代の指標では測れない最強の選手のひとりですね。こういう規格外の選手もついつい好きになってしまいますね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-レッドソックス, MVP