めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ブルワーズ

ブルワーズが4人で4ホーマー!!!!しかしやっぱりあのチームには負ける...

2018/05/19

今のナショナルリーグ中地区のトップが言える人はどれだけいるのでしょう?5チーム中4チームが勝率.550以上という今一番群雄割拠(←使い方合ってますかね?)の激戦区。

ダルビッシュもなかなかヤバい地区に就職したものです。

こんな強豪チームばかりなのですが、なかなか取り上げる事が少なかった地区でもあります。今回ブルワーズがダイヤモンドバックス相手に4人がホームランを打ってましたので、その4人を軽くパワプロ風査定でめじゃる。

スポンサードリンク

1回、4番ショウのツーラン!!

まずは4番ショウ。

初回、先頭打者ケインが四球で歩きすかさず盗塁でノーアウト二塁に。2番イエリッチ、3番アギラが凡退に終わったが4番ショウがツーランホームラン。そのショウの能力は...

  • 弾道4(GB/FB 0.94)
  • ミートE(打率.248)
  • パワーA(ISO.268)

ってところですかね。このライトポールに当るホームランってカッコいい。当たって無ければどこまで飛んでくんだろ?って期待があります。この4番ショウは2017年にも31本塁打を記録している主砲。2018年も十分4番に相応しい能力。

さらに1回、2者連続となるサンタナのソロ!

そして5番サンタナ。

初回、4番ショウに2ランを浴びて投手がオロオロしている状態の初球、高めに入った4シームを5番サンタナがソロホームラン。そのサンタナの能力は...

  • 弾道1(GB/FB 2.23)
  • ミートD(打率.258)
  • パワーF(ISO.083)

ってところですか...。2018年の数字的にはこのような感じになってしまいますが、2017年に30本塁打を打ってい強打者。ですので弾道2、ミートC、パワーBのがしっくりくるでしょうかね。ま、独自の査定ですのでそこら辺はお許しを。少なくとも今季はブレーキになっている事は間違いありません。

早く本来の能力まで復帰して欲しいものです。

2回、イエリッチのツーランホーマー!!

そして2番イエリッチ。

2回、2アウトながら打者1巡し1番ケインがヒットで出塁。そして2番イエリッチにボール、ボールと2ボールにしたところのど真ん中付近のカッターをツーランホームラン。そのイエリッチの能力は...

  • 弾道1(GB/FB 2.23)
  • ミートB(打率.294)
  • パワーD(ISO.159)

んー、こんなもんですかね。もともとフライは多くない選手で、今回もライナー性の当たりがホームランとなってます。多い年は20本塁打ぐらい打ちますので、もう少しパワーはあっても罰は当たりませんかね。

どちらかというとアベレージ側の選手だと思います。

4回、先頭打者サラディーノのソロ!

そして7番サラディーノ。

4回、3回終了時点ですでに5-3と打撃戦になってきたこの試合。7番サラディーノがこの回の先頭打者ホームランを浴びせた。これも高めの4シーム。失投なのかな?そのサラディーノの能力は...

  • 弾道4(GB/FB 0.57)
  • ミートS(打率.350)
  • パワーS(ISO.400)

ってところですが試合数が少な過ぎるので仮です。2017年の成績を基にすると弾道1、ミートG、パワーGって感じでしょう(これはこれで酷いですが、もともと守備の選手ですのでこんなもんかと)今のところ当たっているだけですね。4月にはホワイトソックスに在籍していたが、5月にブルワーズに移籍し10日より出場。今ノリノリのサラディーノ。

このままイケるとは思えません。

やはりヤンキースの4人のが派手かな

結局この日は8-2で楽勝勝ちしたブルワーズが4選手4ホーマーで爆発力を見せつけましたが、掘り下げるとイエリッチやサラディーノはパワーヒッターっぽくありませんでした。

4人の強打者としてパッと浮かぶのはやっぱりヤンキースのカルテットでしょう。ジャッジ、スタントン、グレゴリアス、サンチェスと全員がすでに10本塁打を記録(年間40本塁打超えペース)そんな彼らの能力は...

  • 2番ジャッジ*弾4ミBパA
  • 3番スタントン*弾2ミDパA
  • 4番グレゴリアス*弾4ミDパA
  • 5番サンチェス*弾4ミFパA

こんな感じですかね(スタントンの弾道2とかふざけんな!ってクレームが来そうですが、弾道はGB/FBで査定してますのでお許しを)やはりブルワーズの4人よりもヤンキースの4人のが圧倒的に凄そうです。

ただ不思議とこの4人が同一試合でホームランを打った事はありませんでしたので、そういう観点で見ればブルワーズの4人の方が団結力がある?のかも。

ブルワーズはイエリッチやサラディーノに頼らずとも、昨年31本塁打のセームズやブラウン、アギラなどのパワーヒッターがおりますので、もしかしたら最終的にはヤンキースを超えるカルテットが誕生しているかも知れませんね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ブルワーズ