めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

アストロズ アスレチックス エンジェルス マリナーズ レンジャーズ

2018開幕直前!メジャーリーグ30球団のクローザーは誰だ?【アリーグ西地区編】

2018/03/28

クローザーとセットアッパーはどちらが好きですか?個人的な感想ではセットアッパーのが好きなんです。サッカーで言うとクローザーがフォワード、セットアッパーがディフェンダーでしょうか。どちらも重要なはずなのにクローザーのがピックアップされている。ちょっと贔屓ですね。今回は2018年開幕前のアリーグ西地区のクローザー予想をめじゃる。

スポンサードリンク

西地区のクローザー候補

アストロズ*Ken Giles

アストロズは右腕ケン・ジャイルズ。デビュー2年目からクローザーに抜擢されている選手。意外にも新人王投票4位という経歴の持ち主。通算65セーブを記録し、オールスター0回。17年は防御率2.30、奪三振率11.9、四球率3.0でクローザーとしては申し分ない成績。平均奪三振率12.4を誇る剛腕。さすが世界一のクローザーだ。

次点ではオールスター投手の右腕クリス・デベンスキーが鉄板だが、もしかするとカブスから拾った右腕ヘクター・ロンドンの可能性もあるとのこと。ロンドンは元70イニングで防御率1.67を記録したこともある。

エンジェルス*Blake Parker

エンジェルスは3人で迷っているようだが、ここでは右腕ブレイク・パーカーとします。5年目ですでに4チームを渡り歩いた救援一筋。当然大した成績を残した訳ではない(だから転々としているんだろう)通算たった10セーブを記録し、オールスターは0。17年に防御率2.54、奪三振率11.5、四球率2.1でキャリアハイ。一応18年のクローザー濃厚。

右腕キャム・ベドロージアン、通算176セーブで最多セーブも獲得したこともある右腕ジム・ジョンソンが控える。しかしどちらも防御率は4点台を超える微妙な選手ら。

アスレチックス*Blake Treinen

アスレチックスは右腕ブレイク・トライネン。ナショナルズで防御率2点台を2年も記録した安定した選手だったがトレードされた。通算17セーブを記録し、オールスター0回。17年アスレチックスに来てからの防御率2.13、奪三振率9.9、四球率2.8。やや運もありそうな気もするが、18年はクローザー候補だ。

セットアッパーには右腕クリス・ハッチャー、右腕リアム・ヘンドリクスか。お互い17年の防御率が仲良く4.22というのは面白い。しかも同じメジャー7年目。良いライバルかも知れませんね。

マリナーズ*Edwin Diaz

マリナーズは右腕エドウィン・ディアズ。デビュー時よりクローザーを勤めている将来有望な選手。2年目にしてすでに通算52セーブを記録し、オールスター0回。デビュー年の奪三振率は15.3とかなり凄かったが、17年は少し下がるも12.1でトップクラス。17年の防御率2.79、四球率2.6。剛腕なのにコントロールもあるクローザーとしては全ての能力を兼ね備え、マリナーズは後4年はクローザーに困らないだろう。

セットアッパーには17年にパイレーツ、フィリーズ、カーディナルスとたらい回しにされた右腕ホアン・ニカシオ。17年は救援でリーグトップの76試合に登板。しかも元先発経験アリなのでいろいろ使えそうだ。

レンジャーズ*Alex Claudio

レンジャーズは左腕アレックス・クラウディオ。年々進化をしておりERA+は140、150、164、188でイニング数も12.1、15.2、51.2、82.2と上限いっぱい。しかし通算11セーブを記録し、オールスターは0回でクローザーとしてはまだまだ。17年は防御率2.50、奪三振率6.1、四球率1.6で三振を奪うタイプではない。平均球速も87.0マイルと遅く異色のクローザー。

そしてサイヤング賞を2回受賞した右腕ティム・リンスカムが1年の時を経て、満を持して復帰の予感。ま、それはあくまで希望的観測でしょうけどね。無難に左腕ジェイク・ディークマンか右腕ケオーネ・ケラが濃厚。

しかしリンスカムの復帰となればレンジャーズもかなり注目度がアップする。サイヤング賞2回ですよ!?現役では3回はカーショウとシャーザー、2回はクルーバーだけでっせ!?リンスカム凄過ぎるでしょ。

ちなみにあの17年本塁打王スタントンも封じ込めたこともあります。

まとめ

2018年のアリーグ西地区のクローザーを確認致しましたが、ちょっと見ない顔が多いといった印象でしたね。通算セーブ数順にこの5人を並び替えますわ。

  1. 65セーブ*ケン・ジャイルズ(HOU)
  2. 52セーブ*エドウィン・ディアズ(SEA)
  3. 17セーブ*ブレイク・トライネン(OAK)
  4. 11セーブ*アレックス・クラウディオ(TEX)
  5. 10セーブ*ブレイク・パーカー(LAA)

クローザーとしては皆さんそれほどの経歴があるわけではないようですね。

この中で個人的に注目したいのはディアズです。23歳以下の通算セーブは52セーブで歴代9位につけている選手です。さすがにブルージェイズのオスーナと比べると見劣りしますが十分凄い選手です。

ほぼ速球とスライダーだけという単調な球種ながらここまでの成績を納めるのは、両球種が超一流という証でしょうか。奪三振率も12を超えているのでかなり凄いランク。12を超えるのは20人そこそこと考えると凄さが分かるでしょう。

18年のマリナーズ、イチローも加え選手は見どころある選手多数存在です。やはり18年はアリーグ西地区が一番気になるかも知れません。乞うご期待です。

他地区のクローザー予想はこちらからどうぞ

2018開幕直前!メジャーリーグ30球団のクローザーは誰だ?【アリーグ東地区編】

2018開幕直前!メジャーリーグ30球団のクローザーは誰だ?【アリーグ東地区編】

2018開幕直前!メジャーリーグ30球団のクローザーは誰だ?【アリーグ西地区編】

2018開幕直前!メジャーリーグ30球団のクローザーは誰だ?【ナリーグ東地区編】

2018開幕直前!メジャーリーグ30球団のクローザーは誰だ?【ナリーグ中地区編】

2018開幕直前!メジャーリーグ30球団のクローザーは誰だ?【ナリーグ西地区編】

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-アストロズ, アスレチックス, エンジェルス, マリナーズ, レンジャーズ