めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

レッドソックス

2018年2月時点、公式サイト25人ロスター予想!もともと鬼だったのにその後金棒を手に入れた【レッドソックス編】

2018年もキャンプインし開幕までもうちょっととなったメジャーリーグ。公式サイトが2月時点で25人ロスター予想を発表しておりました。今回レッドソックス編。地区優勝したというのに何故か2位のヤンキースのがちやほやされている。この冬もヤンキースが目立っているがレッドソックスの18年はどのような感じにしたのか?って事で25人ロスター予想をめじゃる。

スポンサードリンク

捕手(3)

  • Christian Vazquez
  • Sandy Leon
  • Blake Swihart

一塁/指名打者(2)

  • Mitch Moreland
  • Hanley Ramirez

二塁(2)

  • Marco Hernandez
  • Brock Holt

24歳のヘルナンデスが開幕スタメンに名を連ねるかも。打率は3割近く打てる可能性を秘めておりますがOPS.628と微妙な打力。ま、いわゆるユーティリティ出身ですのでその辺は大目に見ましょう。さすがに新人王+MVPを獲得したペドロイアと比べちゃうと1枚も2枚も下だな。

三塁(1)

  • Rafael Devers

遊撃(1)

  • Xander Bogaerts

外野手(4)

  • Andrew Benintendi
  • Jackie Bradley Jr.
  • Mookie Betts
  • Bryce Brentz←MiLB

14年にデビューし9試合ながらOPS.692、そして15年はメジャー出場無し、16年は25試合でOPS.690といまいち跳ねないブレンツ。17年もまたメジャー出場は無く微妙で先発3人のバックアップとしてはかなり格落ちな外野手。ま、3人ほぼフル出場したらいいんだけどね。

先発(5)

  • Chris Sale
  • David Price
  • Drew Pomeranz
  • Rick Porcello
  • Steven Wright

元レイズでサイヤング賞を受賞、20勝で最多勝だったプライスがやっとフル出場なりそうかな。おそらく今でもフル出場したら15勝ぐらい行くと予想している選手。完全復活に期待。ライトは確かナックルボーラー。16年には13勝したポテンシャルは感じられる選手。しかしどうも安定感に欠けるのでちょっと不安。

救援(7)

  • Craig Kimbrel(CL)
  • Carson Smith
  • Joe Kelly
  • Matt Barnes
  • Robby Scott
  • Brian Johnson
  • Brandon Workman 

17年は6.2イニング、16年には2.2イニングとほとんどメジャーで投げていないスミス。それでもマリナーズ時代は70イニング投げて防2.31でクローザーをこなしてた選手。投げれれば凄い選手。ジョンソンも17年は27イニングしか投げていない。防4.33の先発投手だった。おそらくロングリリーフ扱いかの。

まとめ

17年から気になるポイントを3つピックアップするならば

  • 何故捕手3人態勢なのか?
  • 二塁のペドロイアの穴は埋まるか?
  • ローテはメジャー屈指のレベルか?

かなと。どうも捕手スワイハートはマイナーオプションが切れたらしいけど内外野守れるユーティリティの一面もあり3人捕手体制みたいだ。バスケスが正捕手の可能性が高いが、奪三振王セールの女房はレオン。良い感じで3人それぞれの役割がある。各選手自分の役割を確実に。

ペドロイアが現在故障中で二塁が誰になるかだが、ホルトもすでに成績は下降気味でOPS.548とレギュラーには程遠い打力。とてもじゃないけど優勝を狙うセカンドって感じには見えない。

しかし投手陣は豪華だ。16年22勝でサイヤング賞のポーセロ、17年308奪三振でサイヤング賞2位のセール、15年防2.45でサイヤング賞2位のプライス、16年にオールスターのポメランツがいる。これはなかなかヤバイぐらい強いですよ。

こう考えると18年のレッドソックス。二塁に少し不安があるけれども基本的には地区優勝レベルの戦力を整えている(ってか変わってない)ま、ほっといてもポストシーズンには行けるだろうな。

その後

 

実はその後ヌニェスをFAで獲得。17年規定打席には届かなかったが12本塁打で打率.313、OPS.801で十分ペドロイアの代わりを務めれる逸材。もしペドロイアが復帰の際は持ち前の汎用さで遊撃、三塁、二塁は当たり前、さらに右翼、左翼もこなすユーティリティ。これでレッドソックスは盤石。

かと思いきやまたも朗報。

レッドソックスがJ.D.マルチネスを獲得しやがった。これで45本104打点でOPS1.066のマルチネスをDHで4番に、一塁に23本62打点でOPS.750のラミレスを3番に添えて、贅沢にもベンチに22本79打点でOPS.769のモアランドを。

なんじゃこりゃ?最強じゃん。ってことで地区優勝まっぐらになりましたとさ。

2018年予想スタメン

打順

1. Mookie Betts, RF
2. Andrew Benintendi, LF
3. Hanley Ramirez, 1B
4. J.D. Martinez, DH
5. Rafael Devers, 3B
6. Xander Bogaerts, SS
7. Jackie Bradley Jr., CF
8. Christian Vazquez, C
9. Eduardo Nunez, 2B

 

先発ローテーション/クローザー

1. Chris Sale, LHP
2. David Price, LHP
3. Rick Porcello, RHP
4. Drew Pomeranz, LHP
5. Steven Wright, RHP
Closer: Craig Kimbrel, RHP

 

他の球団が気になる場合下記リンクから。

2018年2月時点、公式サイトが25人ロスター予想!のまとめ。現在30球団絶賛作成中です

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-レッドソックス