めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

アストロズ

アストロズのスプリンガーが2年$24Mで契約!実はお買い得だったのだ

2018/02/07

アストロズの外野手(センター兼ライト)のジョージ・スプリンガー御年27歳が2年$24M(ってことは平均$12M/年かよ!)で契約した。まだFAまで2~3年ちょいある4年目の若手にこれって凄く無い?って事でこのスプリンガーについて確認しましたのでめじゃる。

スポンサードリンク

ジョージ・スプリンガーとは?

ジョージ・スプリンガーとは2014年にアストロズでデビューした生え抜き4年目。主にライトを守っていたが今年はセンターのが守備についたのは多かった。

右打ちという事もあり左投手に強く、対左OPS.972(対右.860)しかも先発サウスポーに対してはOPS1.062とかなりの強さを見せる。

2017年シーズンは打率.283、34本塁打、85打点、OPS.889で5盗塁。ここまで見た限りでは3番~5番っぽい成績なのだが、この子が1番固定だからアストロズは怖い。いきなりホームランバッターと対戦だで?嫌過ぎるやろ!

2017年は初オールスターに選ばれSS賞も受賞する順調ぶり。2016年は162試合全部に出場し、744打席に立った。どちらもリーグトップのタフガイ。しかも9盗塁で10盗塁死、29本塁打で178三振とどーも荒っぽい印象。若いって感じがします。

2017年スプリンガーと同じ年俸レベルの選手は?

$24M/2年で契約したスプリンガーだったのだが、これが凄いのか凄く無いのかがいまいち不透明だと思いませんか?スプリンガーの今までの契約内容を見て行きましょう。

  • 2015年:$0.5M
  • 2016年:$0.5M
  • 2017年:$3.9M
  • 2018年:$12M←NEW
  • 2019年:$12M←NEW
  • 2020年:?
  • 2021年:FA

2021年にはFAとなるスプリンガー。ここで2018年~2019年に年平均$12Mを契約した訳ですが、この$12Mは誰クラスなのか気になりますよね?ってことで2017年に$12Mと同等のレベルの選手を調べましたよ。

ちなみに2017年で$12Mはちょうど全体100位に相当してました。30球団あるってことなのでチームで3~4番目の高給取りって事になります。そして下記が2017年の$12Mのメンバーです。

  • リッキー・ノラスコ←LAAの開幕投手
  • ジオ・ゴンザレス←WSNで15勝投手
  • ダニエル・マーフィー←2年連続最多二塁打
  • トッド・フレイジャー←16年40本塁打
  • ハイミー・ガルシア←2年連続10勝の先発
  • デビッド・ロバートソン←防御率1.84のリリーフ
  • カルロス・サンタナ←出塁率8年連続.350超え
  • クリス・セール←ご存知300奪三振男

かなりのメンツ揃いだ。そこそこ名前を知ってる選手がわんさか。しかし、スプリンガーもこのクラスにいてもおかしくないと思う。

スプリンガーの$24M/2年はお買い得だった

この$24M/2年=$12M/年。先ほどの2017年に$12Mを貰っていた選手9名のここ3年のfWARを確認して合計し高いもんから順位付けしました(3年とはスプリンガーはまだ4年目で出場試合数の少ない1年目は省いてあげた)

その結果が下記に。これがこれがイメージとは違い凄い結果となったのだった。

  1. セール*6.1+5.1+7.7=18.9
  2. スプリンガー*3.9+4.6+4.5=13.0
  3. マーフィー*2.5+5.5+4.3=12.3
  4. フレイジャー*4.5+2.5+3.0=10.0
  5. ゴンザレス*3.7+2.9+3.3=9.9
  6. サンタナ*2.1+3.7+3.0=8.8
  7. ガルシア*2.8+1.2+2.1=6.1
  8. ロバートソン*1.8+1.0+1.9=4.7
  9. ノラスコ*0.7+2.6+0.7=4.0

まさかスプリンガーが2位とは!ってかセールの年俸が低すぎるんやて。6年連続オールスター出場し、6年連続サイヤング賞候補6位以内、そして3年連続MVP候補にもなっており奪三振王2回、奪三振率最高3回の200イニング超え4回の先発投手がなんでこんな安いんや。

このセールの契約は2013年にホワイトソックスが$32.5M/5年+2年オプションで契約している。しかも2年オプションがチームオプション!この契約取ったエージェント優秀過ぎるやろ!

って事で実質$12Mのランクではスプリンガーがナンバーワン!今後の活躍次第ですが3年メジャーで活躍し、まだ27歳。むしろ全盛期はこれからだと思われる。

まとめ

最初はスプリンガーが年$12Mってちょっと貰い過ぎかな?って思っておりましたが実は実は世間はもっと貰ってましたので全然妥当。むしろちょっと低いお買い得だったのかも知れません。

むしろセールが$12Mで働いてる事に意外だった。ま、そんなん言い出したらロッキーズの三塁手アレナド、今FAで去就が気になるJ.D.マルチネスはさらに下の$11.7M。さらにダルビッシュやキンズラーはさらに下の$11Mで契約でしたからね。

んー、やっぱっしそう考えると貰い過ぎかな?一番分かりやすく考えるならば、スプリンガーがFAで$24M/2年で売りに出てたら買うかどうかって考えれば高いか安いかは分かりますね。

もちろん「買い」でしょうけどね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-アストロズ