めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

FA ブルージェイズ

【速報】史上4人しかいない20-20-20-20男のカーティス・グランダーソンがブルージェイズと1年契約!ベテランの凄さとは?

2018/01/26

カーティス・グランダーソンがブルージェイズと1年契約したとの情報。なんか聞いたことあるような名前の選手だった。おそらく有名選手だと思い彼をピックアップしようと思う。グランダーソンとは?ちょっと凄い選手なのでめじゃる。

スポンサードリンク

カーティス・グランダーソンとは?

グランダーソンは右投げ左打ちの外野手。一昔前までは主にセンターを守っていたもののここ最近はライトが多く、タイガースでデビューしヤンキース、メッツを経て2017年はドジャースに在籍していたビッグチームを渡り歩いた選手。

得点王136(2011年)、打点王119(2011年)、最多三塁打23(2007年)、13(2008年)で自身最高本塁打は43本(2012年)で打率.302(2007年)を記録したこともあるスラッガー。なのに26盗塁(2007年)と足もあり、さらに14年間でDRS+73の平均以上の守備力を誇るほぼ5ツールプレイヤー(肩は弱かったみたいだが)

最大の特徴はメジャー史上たった4人しか達成していない20-20-20-20クラブの選手。これはレジェンド級と言ってもいいでしょう。やはりグランダーソンは凄かった。

20-20-20-20とは

20-20-20-20とは、同一シーズンに20二塁打、20三塁打、20本塁打、20盗塁を記録した選手の証。何が難しいって2000年以降30二塁打を達成したのはたった3人しかいない。それほど現代では難しい(珍しい?)記録。

2018年ブルージェイズの予測外野手

グランダーソンが入ったことによってブルージェイズのデブスチャートを確認したところ下記のような感じになると考える。

  • LF*グランダーソン
  • CF*ピラー
  • RF*グリチック

おや?グリチックがいつの間にかブルージェイズにおる(笑)

さてこの外野陣がどうというと、2017年の彼らの成績は、左翼グランダーソンは打率.212、26本塁打、6盗塁でOPS.775、中堅ピラーは打率.256、16本塁打、15盗塁のOPS.704、そしてグリチックは打率.238、22本塁打、6盗塁でOPS.758。

なるほど、打率は低いがパワーと足がある選手を揃えた感じか。相手投手にとっては厄介な外野陣なのかもしれないな。

おそらくグランダーソンはトップバッターとなるだろう。

運動能力はかなり高そうだ。

2018年のグランダーソンに期待出来るのか?

2017年開幕当初はメッツに在籍しOPS.815と大爆発(ちょい爆発)してたのをドジャースに拾われたのだが、ドジャースに来てからは打率.161/出塁率.288/長打率.366と低迷、OPS.654ともはや微妙過ぎるレベル。

さらにポストシーズンでは地区シリーズは打率.125/出塁率.125/長打率.125、リーグチャンピオンシップではすべて.000でクソの役にも立たなかった。なるほどそれで覚えてたのかもしれない。

すでに36歳。もはやこれ以上このベテランに期待するのも酷かも。

まとめ

当初$30.2M/5年+1年オプ(年平均$6M)で始まったグランダーソンの生涯。その後は$60M/4年(年平均$15M)までの大型契約を勝ち取ったものの2018年には$5M/1年まで物価は下がった。

グランダーソンが来たところでブルージェイズにポストシーズンの芽があるかといえば微妙なところだが、何とか戦える戦力にも見える。

やっぱ知名度のあるスター選手がチームに来るとグッとテンション上がりますね。ちょっとブルージェイズにも期待したいです。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-FA, ブルージェイズ