めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ポストシーズン

WSゲーム6、ドジャース勝った!マエケン好リリーフ!あのバーランダーから勝利をもぎ取る

2017/11/02

たまたま試合を見れたので8回まで見てましたがドジャースが何とあのバーランダーに勝ってました。これで3勝3敗で第7戦にもつれ込む。今日のドジャースの良かった選手でもピックアップしようかと思ってめじゃる。

スポンサードリンク

1点ビハインドのヒルの打席に感動

ドジャースの先発はヒル、アストロズの先発はバーランダーと完全に不利なドジャース。今日は1失点も許されない過酷な試合になるんだろうと予想されたところ、3回表2アウトからヒルがアストロズの1番スプリンガーにソロホームランを打たれ1-0に。

これはドジャース負けたかも...

そんな気配の中、3回裏のヒルの打席。代打は送られないところを見るともう少し投げて欲しいとのチームの願い。バーランダー的には球数投げずにサクッと終わらせたいところだったが、粘るヒル。打たれたホームランは戻って来ないがこいつも降板させたろうという意欲を見せる。たった5球だったが少し感動した打席だった。

大ピンチを防いだスーパーリリーフのモロー

ついにヒルが5回に捕まる。6番マッキャンに初球をヒットされノーアウト一塁。続くゴンザレスには2球目をツーベースヒットでノーアウト二三塁。そこから踏ん張って8番レディック、9番バーランダーと三振に取ったが上位打線は厳しい。

当たってる1番スプリンガーを敬遠指示。

ここでヒルを諦め(お疲れ)モローに交代。モローは強打者2番ブレグマンをたった2球でショートゴロ。よくやった!絶対1点入ると思ってたところをよく凌いだよ。君がいて良かった。

マエケンも厳しい場面で無失点の好投

6回裏ついに味方が追い付き追い越し、1-2と1点勝ち越したドジャース。しかし7回にレディックを四球で歩かせてしまいノーアウト一塁。この厳しい場面でマエケン登板(こんな場面出たくないわー)

代打のギャティスはフォースアウトになってランナー入れ替わりで1アウト。続く好調スプリンガーにはヒットを打たれ1アウト一二塁。そしてまたもや俊足ランナーのフィッシャーを二塁代走に。

ブレグマンには大きなセンターフライで2アウト。しかしながら一三塁。

このヤバいところで3番MVP候補のアルトゥーベ。これを何とか三塁ゴロで討ち取った(足速すぎてギリギリだったけどね)マエケン最強。

8回にジャンセン投入した時終わったと思った

マエケンが7回をギリギリで凌いだ後、さらに追加点を取って1-3と2点差。しかしアストロズに取って2点差なんてワンチャンで奪ってくるので全然セフティではない。

8回は誰出すんや?って思ってたところ...ジャンセンですよ!

あーあ、これ負けフラグや(ジャンセンに6アウトさせたらあかんて!調子悪いねんから)って思ってた私ですが、4番コレアを2球、5番グリエルも2球、6番マッキャンは三球三振と危なげない投球だったようだ(見てないけど)

続く9回表もジャンセン引っ張り、7番ゴンザレスファーストフライ、8番レディック三振、最後に代打のベルトランも三振でついにゲーム6の勝利を収めた。バーランダーに勝てたのは凄い!やはり優勝はドジャースかも。

なんとゲーム7はダルビッシュが先発

こういう緊迫した試合でピンチを脱するとやっぱトリハダもんですね。5回のノーアウト一二塁の場面はもうダメだーって思ったのですが、ヒルが2アウト、そして変わったモローがきっちり仕留めたのは激熱でした(代えられたヒルブチ切れてましたけどね)

そしてやっぱり日本人だからかマエケンの投球も痺れました。絶対打たれるって思ってしまいましたからね。あそこ凌いだのもデカかったですよ。

そしてジャンセンの6アウト。これは完全に明日の事あんま考えてない。もしくは明日は...

  • 1日HOU*マッカラーズvsLAD*ダルビッシュ

今日もヒル、モロー、ワトソン、前田、ジャンセンとブルペン使いまくってましたのでこの子らはもう明日の登板は無いと思います(もう1ヶ月も最高の緊張感のなかでやってては精根尽き果ててるでしょ)

個人的な明日の予想はダルビッシュ6回→ウッド7、8回→カーショウ9回って感じで考えてるのではないでしょうか?おそらく最後のマウンドはカーショウが立ってると思ってます。ま、ドジャースが勝つかどうかは分かりませんが、今年も後1試合。試合見たいけどリアルタイムで見れ無さそうなので、後ほどようつべで見るとしましょう。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ポストシーズン