めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

レッドソックス

レッドソックスの20奪三振記録を紐解く!中身を見てみたらなるほど

2017/05/30

クリス・セールが9試合連続奪三振連続が途絶えた翌日、またもレッドソックスが三振記録を生み出した。レンジャーズ相手に継投で20奪三振て!これはチームタイ記録だそうだ。さてこの三振記録を少しめじゃります。

スポンサードリンク

レッドソックスの20奪三振リレー

先発は左腕ドリュー・ポメランツで今季は奪三振率11.45の奪三振マシーン。だが通算は8.94と素晴らしいレベルであるもののそんな期待は出来そうに無かった。

2番手に右腕ヒース・ヘンブリー。ブルペンながら通算奪三振率は7.99。少ないイニングを投げるブルペンにしては少し物足りない(今季は9.41)

3番手に新人左腕のロビー・スコット。今季7.71、通算7.64とまだまだ発展途上。

4番手は右腕マット・バーンズ。今季10.02と三振率が高く、通算も9.11となかなかのもの。ここでブーストしそうな予感。

5番手は右腕クレイグ・キンブレル。通算奪三振率14.63と頭イカレてるレベルではあるが、今季さらに17.42と異次元。現在ベタンセスを抜いてメジャー№1!

レンジャーズのスタメンの三振率

負けたレンジャーズのチーム三振率は現在全体5位の23.0%。決して三振の少ないチームじゃないだけに三振を奪われたのも頷ける。

特に6番から始まるマイク・ナポリ、ライアン・ルア、ジョーイ・ギャロ、ピート・コズマは三振率は30%を超え、最低Gランクに位置するレベル。奪三振記録にはいなきゃならないサブヒロインたちとなった。

20奪三振の試合結果

レッドソックスの奪三振結果

まずは投手側から見てみた。メインだからね。

Name K/9 RANK 打者1 打者2 打者3 打者4 打者5 イニング
Drew Pomeranz 11.45 A 三振 三振 安打 アウト 1回
三振 三振 三振 2回
三振 三振 アウト 3回
本塁打 アウト アウト 安打 三振 4回
アウト アウト 三振 5回
四球 三振 安打 アウト 6回
Heath Hembree 9.41 B 三振 三振 7回
Robby Scott 7.71 D 三振
Matt Barnes 10.02 A 三振 アウト 三振 8回
Craig Kimbrel 17.42 A 三振 三振 三振 三振 9回

奪三振率Aランクのポメランツは3回までで7三振と異常なペースで三振を取ってたが、やっぱ二回り目からは三振取れず。

7回はヘンブリー&スコットで三者三振!

8回からは三振取れるAランクの二人の登場。バーンズが2三振!

9回キンブレルは振り逃げで4者連続三振を奪った!スゲー(せこい)

レンジャーズの三振結果

次はレンジャーズ目線で見てみようと。

# Name K% RANK 1巡目 2巡目 3巡目 4巡目
1 Delino DeShields 24.40% F 三振 アウト 四球 アウト
2 Elvis Andrus 16.70% D 三振 本塁打 三振 三振
3 Nomar Mazara 17.60% D 安打 アウト 安打 三振
4 Jonathan Lucroy 6.40% A アウト アウト アウト 三振
5 Rougned Odor 20.40% E 三振 安打 三振 三振
6 Mike Napoli 31.40% G 三振 三振 三振 三振
7 Ryan Rua 31.30% G 三振 アウト 三振
8 Joey Gallo 38.10% G 三振 アウト 三振
9 Pete Kozma 35.30% G 三振 三振 三振

さすがに上位打線は三振が少ない(エルビス・アンドラスは除く)特にルクロイなんて今季6%しか三振しないのでこの記録には邪魔な選手。アンドラス以外の上位打線は1三振しかせず記録を阻止しにかかってた。

だが下位打線がまーまー記録の手助けをしてくれた。5番のオドーアまで3三振してくれたのはありがたい。ナポリなんて4三振!おかげさまで20奪三振達成。

まとめ

メジャーの1試合最多奪三振記録はロジャー・クレメンスやランディ・ジョンソンが記録した20奪三振だそうだ。そーやって聞くとスゲーって思うでしょ?

けど今回紐解いて見たら、もともと三振の多い相手から奪ってるし、上位打線のデシールズ、マザラ、ルクロイらは1三振しかしてへん。

奪三振率の高い投手たちが三振率の高いチームに投げたらこうなるっていういい例かも。ま、それでもレッドソックスは凄いんですけどね。早くプライス帰って来いよー。

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-レッドソックス
-,