めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ドジャース

2017年ドジャースの月度別ローテーションと故障者リストまとめ(6月4日更新)

2017/06/07

2017年のロサンゼルス・ドジャースの月毎のローテーションの変移を紹介して行くで。ほぼ不調やケガ人とか出てしまって、開幕時のローテーションで1年間ずーっと戦えないしね。では開幕から現時点までめじゃる。

スポンサードリンク

ドジャース2017年開幕ローテーション

2016年:91勝71敗(地区優勝、LCS敗退)のチームだったが...

Throws Name Pos W-L ERA SO SV FIP
SP Clayton Kershaw 1st 12-4 1.69 172 0 1.80
SP Kenta Maeda 2st 16-11 3.48 179 0 3.58
SP Rich Hill 3rd 12-5 2.12 129 0 2.39
SP Brandon McCarthy 4th 2-3 3.96 74 0 3.9
SP Hyun-Jin Ryu 5th 0-1 3.39 84 0 3.17
RP Kenley Jansen CL 3-2 1.83 104 47 1.44

上記は2016年度の成績だが、3番手まではよろしおますが4番手マッカーシー、5番手リュはケガしにくさ2レベルの故障持ち。過去の栄冠も...んーって感じなので余り期待は出来ない。10勝10敗ぐらいしてくれればいいが、そうもいかないだろうな。

2016年からのローテーションの変化

  • 先発:スコット・カズミアー→リッチ・ヒル
  • 先発:ロス・ストリプング→ブランドン・マッカーシー
  • 先発:ジュリオ・ウリアス→リュ・ヒョンジン

ドジャース2017年4月ローテーション

2017年4月:14勝12敗(4月度:地区3位)

Throws Name Pos W-L ERA SO SV FIP
SP Clayton Kershaw 1st 4-1 2.29 39 0 2.54
SP Kenta Maeda 2st 2-2 6.58 27 0 5.14
SP Alex Wood 3rd 1-0 2.29 19 0 2.97
SP Brandon McCarthy 4th 3-0 3.10 25 0 3.57
SP Hyun-Jin Ryu 5th 1-4 4.05 29 0 4.90
RP Kenley Jansen CL 1-0 1.86 17 7 -0.50

誤算はストリートファイターコンビのマエケン&リュ。マエケンは防御率6.58とボロボロでリュは4敗と勝ち運に恵まれず。その他はカーショウはいつも通りのサイヤング賞クラスの投球にジャンセンはFIPがマイナスという訳の分からん凄まじい成績←どっかのクローザーもマイナスおったよな。※FIPは変動していく為、当時の参考値となります

4月度ローテーション順序

3 Kershaw 8 Kershaw 14 Kershaw 19 Kershaw 25 Kershaw
4 Maeda 9 Maeda 15 Maeda 20 26 Wood
5 Hill 10 Wood 16 Hill 21 Wood 27 Urias
6 McCarthy 11 17 McCarthy 22 Maeda 28 Maeda
7 Ryu 12 McCarthy 18 Ryu 23 McCarthy 29 McCarthy
13 Ryu 24 Ryu 30 Ryu

3番手はヒルとウッドで回してたが、ヒルが故障者入りしウッドの調子が良く2番手へ格上げ。どうしようもないマエケンは3番手に降格した。リュは中継ぎを休ませる働きをしたらいい5番手なので負けてもどんまいです。ウッドが投げると何故か負けるジンクスは覆したいところだ。

4月度故障者リスト

  • 4月2日、中継ぎジョッシュ・ラビンが10日間故障者リスト入り
  • 4月2日、先発スコット・カズミアーが10日間故障者リスト入り
  • 4月2日、先発ブロック・スチュワートが10日間故障者リスト入り
  • 4月2日、中継ぎペドロ・バエズが10日間故障者リスト入り
  • 4月7日、先発リッチ・ヒルが10日間故障者リスト入り
  • 4月14日、中継ぎペドロ・バエズが復帰
  • 4月16日、先発リッチ・ヒルが復帰
  • 4月18日、中継ぎグラント・デイトン10日間故障者リスト入り
  • 4月29日、中継ぎグラント・デイトンが復帰

ドジャース2017年5月ローテーション

2017年4月:19勝9敗(5月度:地区1位)

RANK Throws Name Pos W-L ERA SO SV FIP
SP Clayton Kershaw 1st 3-1 2.43 39 0 3.56
SP Alex Wood 2st 5-0 1.27 41 0 1.10
SP Kenta Maeda 3rd 2-0 3.63 19 0 3.13
SP NEW Julio Urias 4th 0-2 6.62 7 0 4.85
SP Brandon McCarthy 5th 2-1 3.57 16 0 1.91
RP Kenley Jansen CL 1-0 0.87 18 1 0.82

カーショウがカーショウらしくない成績?ってゆーても防御率2.43で優秀なんだがもはやそれでも物足りない選手。彼はFIPが3を切らなければならない。マエケンはさすがに合わせて来たのか少し調子が上向き!最年少ユーリアスはいきなり壁にぶち当たってるようだ。

5/14のプレイヤーオブザウィーク、かつ5月のピッチャーオブザマンスを受賞したウッドは5勝0敗で防御率1.27と攻略が難しい投手となった。動画見てもらうと分かると思うけど両腕を伸ばす感じがパラパラっぽい。

※ピッチャーオブザマンス:アレックス・ウッド

※プレイヤーオブザウィーク:5/14アレックス・ウッド

5月度ローテーション順序

1 Kershaw 6 Kershaw 12 Kershaw 17 Kershaw 23 Kershaw 28 Kershaw
2 Wood 7   13 Wood 18 Ryu 24 Hill 29 Hill
3 Urias 8 Wood 14 Urias 19 Wood 25 Maeda 30 Maeda
4   9 Urias 15 McCarthy 20 Urias 26 Wood 31 Ryu
5 Maeda 10 Maeda 16 Hill 21 McCarthy 27 McCarthy
11 Ryu 22  

改めて見てみると、カーショウ以外は固定出来てないのが伺える。ケガなのか、不調なのか何なのかは分からないけど、普通こういうチームは弱い印象なんやけど...ドジャースは強い!

やはりドジャース、選手層が厚いわ。

5月度故障者リスト

Pos Name Pla DL Act 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
LF Franklin Gutierrez 4/12 10 5/2 × ×
SP Rich Hill 4/17 10 5/16 × × × × × × × × × × × × × × ×
2B Logan Forsythe 4/19 10 5/23 × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
CF Joc Pederson 4/24 10 5/5 × × × ×
SP Hyun-Jin Ryu 5/1 10 5/11 10 × × × × × × × × ×
1B Adrian Gonzalez 5/5 10 5/18 10 × × × × × × × × × × × ×
SP Brandon McCarthy 5/8 10 5/15 10 × × × × × ×
RP Adam Liberatore 5/10 10 5/25 10 × × × × × × × × × × × × × ×
LF Andrew Toles 5/10 10 10 × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
SP Kenta Maeda 5/11 10 5/25 10 × × × × × × × × × × × × ×
3B Justin Turner 5/19 10 10 × × × × × × × × × × × ×
RP Luis Avilan 5/25 10 10 × × × × × ×
CF Joc Pederson 5/25 7 7 × × × × × ×
SP Alex Wood 5/29 10 10 × ×

昨年二桁勝利のヒルの復帰、過去2年連続14勝のリュの復帰、昨年16勝のマエケンの復帰で一気に先発陣の層の厚さが見えてきたのもつかの間、今度は5月に異常な活躍でドジャースを1位まで持って来たウッドが故障者リストへ。

これヤバいんじゃね?下り坂下るんじゃね?

総評

5月末にて33勝21敗で地区1位だが、2位と0.5ゲーム差の接戦。

まだシーズン中ですので随時(月初めに)更新予定です。

野手版はこちら→2017年ドジャースの月度別スタメンと故障者リストをまとめてみた

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ドジャース
-