めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

レッドソックス

2017年レッドソックス月度別ローテーションと故障者リストまとめ

2017年のボストン・レッドソックスの月毎のローテーションの変移を紹介して行こう。ほぼ不調やケガ人とか出てしまって、開幕時のローテーションで1年間ずーっと戦えないしね。では開幕から現時点までめじゃる。

スポンサードリンク

レッドソックス2017年開幕ローテーション

2016年:93勝69敗(地区優勝、DS敗退)のチームだったが...

Throws Name Pos W-L ERA SO SV FIP
SP R Rick Porcello 1st 22-4 3.15 189 0 3.40
SP L Chris Sale 2st 17-10 3.34 233 0 3.46
SP L Eduardo Rodriguez 3rd 3-7 4.71 100 0 4.43
SP R Steven Wright 4th 13-6 3.33 127 0 3.77
SP 5th
RP R Craig Kimbrel CL 2-6 3.40 83 31 2.92

上記は2016年度の成績だが、アリーグ最多勝のポーセロで開幕を迎えた。ロドリゲスは微妙かも知れんが、セールが新加入しローテーションはほぼ鬼に金棒と化した。だが...誰か足りないぞ?先発ローテーションの残りの一枠はいったい誰になったのか...?

2016年からのローテーションの変化

  • 先発:クレイ・バックホルツ→クリス・セール

レッドソックス2017年4月ローテーション

2017年4月:13勝11敗(地区3位)

Throws Name Pos W-L ERA SO SV FIP
SP R Rick Porcello 1st 1-3 4.75 32 0 4.37
SP L Chris Sale 2st 1-2 1.19 52 0 1.16
SP L Drew Pomeranz 3rd 2-1 4.15 27 0 4.50
SP R Steven Wright 4th 1-3 8.25 13 0 7.69
SP L Eduardo Rodriguez 5th 1-1 2.70 31 0 4.39
RP R Craig Kimbrel CL 1-0 1.59 20 8 1.43

4番手のライトがかなり悲惨な状態なので、エース候補のプライスの復帰が待ち遠しい。新加入のセールは奪三振トップでこのまま行けば300奪三振ペース!?かつ防御率1.19の鬼に金棒どころでは無いほどの活躍を続けてるが、いまいち勝ちに恵まれていないようだ←これで何故負ける?最多勝ポーセロは...予想通りの結果。呪われてると疑うほど故障者が多いのも暗雲立ち込めている。※FIPは変動していく為、当時の参考値となります

4月度ローテーション順序

3 Porcello 9 Porcello 14 Porcello 19 Porcello 26 Porcello
4 10 Sale 15 Sale 20 Sale 27 Sale
5 Sale 11 Pomeranz 16 Pomeranz 21 Pomeranz 28 Pomeranz
6 12 Wright 17 Wright 22 Wright 29 Wright
7 Wright 13 Rodriguez 18 Johnson 23 Rodriguez 30 Rodriguez
8 Rodriguez 24
25

ポメランツが復帰してくれた事で3番手に固定し、まずまずの成績。ケガ人も出ず、ローテが崩れる事は無く安定感がある布陣。欲を言えば防御率8.25のライトの代わりを探したいところ。

4月度故障者リスト

  • 4月1日、中継ぎタイラー・ソーンバーグが10日間故障者リスト入り
  • 4月1日、中継ぎカーソン・スミスが10日間故障者リスト入り
  • 4月1日、先発デビット・プライスが10日間故障者リスト入り
  • 4月1日、中継ぎロエニス・エリアスが10日間故障者リスト入り
  • 4月6日、中継ぎロビー・ロスJr.が10日間故障者リスト入り
  • 4月11日、先発ドリュー・ポメランツが復帰
  • 4月13日、中継ぎロビー・ロスJr.が復帰
  • 4月27日、中継ぎカーソン・スミスが10日→60日間故障者リスト入り

総評

まだシーズン中ですので随時(月初めに)更新予定です。

野手版はこちら→2017年レッドソックス月度別スタメンと故障者リストをまとめた!

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-レッドソックス
-