めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

パワプロ査定 マリナーズ 初心者

2017年度マリナーズの注目選手5選!初心者はこれを読んで見て!

2017/04/09

マリナーズの開幕投手はヘルナンデス!さすがに日本人三人目の開幕投手にはならなかった。それでも岩隈は2番手だけどね←すげー!それでは最近メジャーに興味をもった人に、マリナーズのおすすめの選手をめじゃる。

スポンサードリンク

紹介する選手は1チーム5名。今回は第7回目、ビッシュのおったレンジャーズは優勝した割にはいまいち私の好きな選手は少なかった。今回は最近強いマリナーズ。選ぶ5名は私が独断と偏見で決めております。紹介の方法としまして2016年度の成績を、おそらく皆1度はやったであろうパワプロ風で。それで何となく選手のイメージがお伝え出来ればいいかと。そして最注目選手はさらに細かくオリジナルのパワプロ風画像を添付する。

1位、エース不在時の最後の砦?岩隈

  • 右投げ右打ち、先発
  • 最速91.8㍄、コントロールC、スタミナB
  • カッター3、スプリット3、シンカー2、スライダー3、カーブ2

球速も無く決め球も無い為、三振は獲れない(獲らない?)がコントロールの良さで打たせて取る岩隈久志。年間通せば15勝近くが期待出来るイケメン。なのにいまいち地味なのは何故なのか?来季の目標は15勝200回ってところ。意外と一番長く現役やりそうだね。

2位、劣化?不調?再審ヘルナンデス

  • 右投げ右打ち、先発
  • 最速93.2㍄、コントロールG、スタミナC
  • シンカー1、スライダー3、カーブ2、チェンジアップ5

19歳にデビューし、20歳から10年連続190回以上投げて来たが、ついに記録が途切れたタフガイのエースのフェリックス・ヘルナンデス。サイヤング賞、オールスター6回のスーパーエースだがついに劣化が始まったのかも。再び200回を目指してキング復活して欲しい。

3位、強打の二塁手の代名詞!カノー

  • 右投げ左打ち、二塁
  • 弾道3、ミートB、パワーB、走力D、肩力C、守備力B

歴代を見渡しても二塁手での通算本塁打278本はトップ6に入るパワーヒッターのロビンソン・カノー。10年$240Mと異次元な契約した直後は不良債権まっしぐらだったが持ち直した。マリナーズに来て守備も散々だったが、いつものハイレベルに復活。SS賞5回の本領を発揮して、3割30本100打点が目標だな。

4位、3年連続40本の怪力クルーズ

  • 右投げ右打ち、右翼
  • 弾道3、ミートC、パワーA、走力F、肩力C、守備力F

3年連続40本継続中のパワーヒッターのネルソン・クルーズ。ここ3年間での本塁打127本は当然トップの数字。ただ守備はお粗末でDHがお似合い。そんなパワーある彼だが、本塁打王になったのはたったの1度だけ!といまいち目立たない印象。40本イケるか?本塁打王獲れるか?がポイント。意外に出塁率.360。

5位、弟には負けられない!シーガー

  • 右投げ左打ち、三塁
  • 弾道4、ミートC、パワーB、走力E、肩力C、守備力A

16年の新人王コーリー(ドジャース)を弟に持つカイル・シーガー。本格稼働した24歳からずっと20本塁打以上を記録し、出塁率は.330前後。守備は波が激しくGG賞獲ったり最低レベルだったりと落ち着かず安定度が無い。ただ徐々に打撃、守備共に上達しており、30本100打点+GG賞が期待出来そうな選手。

まとめ

えーっと、個人的に気になる選手ベスト5を紹介しました。岩隈がいざ能力にしてみるとパッとしないのが、いまいち地味な印象になる理由かな?他には3割、200本安打、30盗塁のジーン・セグーラがダイヤモンドバックスから来てたので、その子がどこまでやれるのかが見どころかな。マリナーズはまだ1度もリーグ優勝も世界一もなった事の無いチームなのです。このメンツで世界一にイケるのか?ん...無理かな(笑)

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-パワプロ査定, マリナーズ, 初心者
-, , , ,