めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

FA アストロズ

2017年ヒューストン・アストロズのスタメン、打順、補強状況とは

2017/01/30

’17年1月27日現在、メジャー最強の二遊間’15年新人王の遊撃手コレア、200本安打の二塁手アルトゥーベを誇るアストロズ。これだけでも十分やのにさらに最高の補強。その補強の詳細の調査結果をめじゃる。

スポンサードリンク

以前はこっち→2017年度ヒューストン・アストロズのチーム編成は若手の爆発待ち。アストロズは’16年は84勝78敗で勝率.519。トップのレンジャーズに11ゲーム差も付けられてしまったが、今季216安打を放ったアルトゥーベが打率.338、24本塁打、30盗塁とあわやトリプルスリーの大活躍。他にもパワー&スピードタイプが多数おり、みんなノビノビ(好き勝手)やってる。今オフさらに大補強したその結果は?

2017年のスターティングメンバー

  1. CF、ジョージ・スプリンガー
  2. 2B、ホセ・アルトゥーベ
  3. SS、カルロス・コレア
  4. DH、カルロス・ベルトラン
  5. C、ブライアン・マッキャン
  6. 3B、アレックス・ブレグマン
  7. RF、ジョシュ・レディック
  8. 1B、ユリエスキ・グーリエル
  9. LF、青木宣親

元ヤンキースのベルトランにマッキャン、アスレチックスのレディックにマリナーズの青木などチームの主力で活躍した選手らを集めスタメンはトップクラス。

2017年のスターティングローテは

  1. SP、ダラス・カイケル
  2. SP、コリン・マクヒュー
  3. SP、マイク・ファイヤーズ
  4. SP、ランス・マッカラーズ
  5. SP、チャーリー・モートン

フィリーズのモートンは今季ほぼ投げてへんけど、’17年は8勝7敗で防御率4.06ぐらいと予想されている。ローテーションはfWARで見たらそれなりだがrWARで見たら全然のチーム(笑)この差が何なのか意味不だけどそれなりにやれそーな気配はする。

2017年の控えのベンチメンバーら

  • C、エバン・ガティス
  • IF/OF、マーウィン・ゴンザレス
  • OF、テオスカル・ヘルナンデス
  • OF、ジェイク・マリスニック

前レギュラーのガティスがベンチに控える事で一気に層が厚くなったかも。さらにゴンザレスはバッテリー以外を守れるユーティリティプレイヤー。てかアリーグは必ずこーゆー控えがベンチにおるって感じしやん?貴重よなー。残り外野手二人はまだまだ打力が低いのが弱点だな。

2017年の控えのブルペンメンバー

  • CL、ケン・ジャイルズ
  • SU、ルーク・グレガーソン
  • SU、ウィル・ハリス
  • MID、クリス・デベンズキ
  • MID、トニー・シップ
  • MID、マイケル・フェリス
  • LR、ブラッド・ピーコック

デベンズキやピーコックは先発も出来るスイングマン。それとジャイルズ、グレガーソン、ハリスの3人も全員クローザーが出来る選手みたいだ。って事は、ブルペン陣はそれこそ全員野球でイケるやつがイク感じかな。

WARから弱点/補強ポイントを探る

平均野手WAR2.0、控え1.0、先発2.0、救援0.3と仮定したらトータルでは野手18.0、控え4.0、先発10.0、救援2.1は超えておきたい。結果は

  • 野手、fWAR23.2、rWAR27.6
  • 控え、fWAR2.5、rWAR6.2
  • 先発、fWAR10.0、rWAR3.9
  • 救援、fWAR7.6、rWAR4.5

弱点は先発ローテ!?6人目は確保しておきたいとこなんやけどな。

まとめ

えーっと、トータルfWAR43.3、rWAR42.2である意味優勝候補。特にスタメンメンバーは有名選手を多数補強しなかなかのメンツに仕上げた←去年と半分もメンバーが入れ替わり(笑)見間違いで無ければfWARとrWARがこんな離れる事があるのかっちゅーほど差があるのでここが心配なポイント。WARから見るリーグ順位はこっちから→2017年メジャーリーグでWAR足して優勝チーム予想出来たかも?

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-FA, アストロズ
-, , , ,