めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

インディアンス カブス ポストシーズン

WS1試合目はクルーバー、ミラー、アレンの完封リレーでカブス撃沈

カブス(CHC)vsインディアンス(CLE)のCC対決となったワールドシリーズ。優勝候補のカブス相手にインディアンスがどー戦うか。世間の予想もカブスが少しリードしてる。その第1戦の試合結果をめじゃる。

スポンサードリンク

カブスのスタメンにとーとーシュワーバーが登場!昨年22歳でたった69試合で16本塁打を打ち、ポストシーズンではOPS1.308を記録したスーパールーキー。今季序盤にケガ離脱してたが満を持してワールドシリーズに復帰。で、大型契約の不振ヘイワードがスタメン外れ(笑)インディアンスは盗塁が出来るデービスを1番に、そしてDHサンタナを5番にと布陣を変えてる。私の予想はインディアンスの勝利だったが果たして。

ある意味試合が決まった1回裏の攻防

三者凡退で始まったカブスとは違い、インディアンスは2アウトからリンドーアの安打。その後に盗塁で掻きまわしナポリとサンタナに連続四球。その後ラミレスの安打で1点取った。でガイヤーに死球を与えてしまい押し出しで0-2に。これはもー勝てないパターンのやつです。結局4回にペレスの本塁打で追加点0-3。8回にはまたまたペレスの3ランホームラン炸裂で0-6とペレスダメ押し弾!

クルーバー6回4安打無四球9奪三振

インディアンスの先発クルーバーがかなりの上々の立ち上がり。2回の先頭打者ゾブリストに二塁打を打たれヒヤヒヤしたが、その後三者連続三振!しかも3回終了時は8奪三振とゆー快挙だった。すげー(笑)上位打線の1番ファウラー、2番ブライアント、3番リゾーにはまったく仕事をさせなかった。やはりカブスはS級投手は打てないと判明した。先発がここまで投げてくれたら...後はアレね。

7回途中から安定のミラータイム突入

またまた先頭打者のゾブリストに打たれたとこでクルーバー降板。そして皆さんお待ちかねのミラータイム突入。しかし続くシュワーバーに四球、バエズに安打を打たれノーアウト満塁のピンチ。しかし、センターフライと二者連続三振でピンチ脱出。回跨ぎ8回も登板したがブライアントに四球、ゾブリストに安打でツーアウト一三塁としたが何とか三振で切り抜けた。ミラーがパッとしないが無失点だ。

2016.10.26ワールドシリーズ結果

9回もいつものクローザーアレン投入

判を押す如く、本日も防御率0点コンビのアレン投入!もはや何も考えずに投入しとると思う(笑)1アウトでコントレラスに二塁打を打たれたが、結局3三振で9回終了勝利。インディアンスはいつも通りの勝利の方程式って感じ。ただ、クルーバーもミラーもアレンもピンチは招いていたのでゆーほど圧倒的にねじ伏せてる訳では無いのがおもろい。カブスにもチャンスがあるって事。疲労との戦いか。

明日もインディアンスの勝ちと予想!

アリエータvsバウアーの明日の第2試合。どっちもこのポストシーズンは防御率5点前後と大差無し。ここで勝敗を分けるのはリリーフ陣かなと試合見て思った。何やかんやで789回を取り合えず0点に抑えてるインディアンスのミラー→アレンはやっぱり脅威的だ。カブスはそこでも点を取られてる状況なので二人を崩せれなければ全敗もあり得るで!取り合えず明日もインディアンスの勝ちと予想!

まとめ

えーっと、結局インディアンスが0-6でカブスに勝利。カブスは7安打もしているが0点とまったく点が取れへんだ。ゾブリストが3安打と復調したのが唯一の救いだが、123番の上位打線がノーヒットでは勝てるもんも勝てねーって。インディアンスは3番リンドーアと6番ラミレスが3安打、9番のペレスが2安打4打点と3の倍数が爆発した結果だった。こんだけいい感じでばらけとるとどっからでも点が入る感覚だろな。

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-インディアンス, カブス, ポストシーズン
-, , , ,