めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

アストロズ ディビジョンシリーズ ドジャース ポストシーズン レッドソックス

2018年ALDS3、NLDS4ディビジョンシリーズ、アストロズ3連勝!ドジャースマチャドついに覚醒!ホルト史上初のサイクルヒット達成!

2018/10/10

2018年のディビジョンシリーズも後半戦。すでにブルワーズはNLCSの出場が確定しました。もうめっちゃ強いですよ、ブルワーズ。世界一になってもおかしくない勢い。あのインディアンスがアストロズにまったく歯が立たない状況。

これまでの成績は

CLE●●vsHOU○○
COL●●●vsMIL○○○←ブルワーズNLCS進出
NYY●○vsBOS○●
ATL●●○vsLAD○○●

ディビジョンシリーズは先に3勝したものがリーグチャンピオンシップに進出しますので、アストロズ、ドジャースがリーチ。

8日の各先発投手は

CLEクレビンジャーvsHOUカイケル
ATLフォルティネビッチvsLADヒル
NYYセベリーノvsBOSイオバルディ

それではNLDS4、ALDS3ディビジョンシリーズをめじゃる。

スポンサードリンク

ALDS3、インディアンス継投通じず3連敗!

インディアンスの先発はクレビンジャー、13勝8敗で防御率3.02。200奪三振カルテットのうちの一人。3枚目でも4枚目でもこのクラスが出てくるインディアンスは脅威。アストロズの先発はカイケル、数年前のアストロズのエースだが今や12勝11敗で防御率3.74、サイヤングを獲得した時の力はないものの平均以上の好投手。インディアンスやや有利かな。

先発クレビンジャーは5.0回を被安打3、1失点でマウンドを降りた。アストロズのカイケルもまた5.0回を被安打4、2失点で降りた。先発対決は甲乙つけがたくお互い合格点だろう。

6回より最後の200奪三振プレイヤーバウアーがマウンドへ。しかし7回、ケンプに打たれてから終わってた。牽制球を送球エラーでケンプ二塁へ。続くスプリンガーにも打たれ一三塁。アルトゥーベのゴロで1点取られ同点に。

さらにブレグマンの打席でもまた送球エラー。グリエルには四球、ゴンザレスには二塁打を打たれ一気に逆転になってまった。

そこでミラー投入しアレンも投入し火消したが、8回はアレンもワイルドピッチでボロボロ、ハンドもワイルドピッチでボロボロと結局11点取られて負けてしまった。誰に負けたってかもはや自滅でしょ、これ。

NLDS4、眠れる獅子マチャド覚醒でドジャース勝利!

ブレーブスの先発はフォルティネビッチ、13勝10敗で防御率2.85でブレーブスのエースといっていいでしょう。奪三振率9.9と高く攻略は難しそう。ドジャースの先発はヒル、38歳のベテランだが11勝5敗、防御率3.66で勝率はチームナンバーワンだが防御率は並みレベル。ちょっとドジャース不利かも。

初回2アウト一塁で回ってきた4番マチャド。マチャドクソほど使えないなーって思ってたところに二塁打先制!初めて活躍したのではないか!?しかし4回裏には代打スズキが逆転タイムリーを放ちブレーブスノリノリに。

6回には伏兵フリースが逆転打、そしてノーアウト一二塁でまたもマチャド。絶対しょうもない結果になるわーって思ってたところ...

うっそ!?まさかのスリーラン!はい、マチャド初めて仕事したんじゃん。打率.176でOPS.810だって。そんな子が4番。この先ストッパーになりそうで怖い。打順は早めにきっぱりとしとかにゃならんでよ。

ALDS3、ホルト史上初のサイクルヒットでレッドソックス勝利!

ヤンキースの先発はセベリーノ、19勝8敗で防御率3.39とヤンキースのエースやらさせてもらってます。ただポストシーズンの評価はいまいちな印象で怖い。レッドソックスの先発はイオバルディ(おや?確かポーセロじゃなかったっけ?)3勝3敗で防御率3.33と3ばかの投手。正直レッドソックスの中では一番楽な相手。

2回エースセベリーノはバスケスにタイムリーを打たれ失点。3回には連打や犠牲フライでまた2失点、3回にもアウトを取れず満塁でリンにバトンタッチ。しかしリンも押し出しでさらに失点、からの3点タイムリーを打たれ7-0に。さらにグリーンに代わっても勢い止まらずこの回まで10失点、終わったなヤンキース。

ちなみに7番ホルトは2回にゴロアウト。4回にシングルで出塁し、打者一巡し同じ4回に三塁打を放つ。6回にはゴロアウトだったが、8回には二塁打を放つ。そして9回最後の打席でホームランを放ちサイクルヒット達成!実はこれが史上初のポストシーズン初のサイクルヒットを達成したのだった。

レッドソックス18安打16得点に対し、ヤンキースはわずか5安打の1得点。クソほど打てないヤンキース。明日の試合に不安がよぎる。

ま、打ち疲れっていうパターンあるしもしかしたら勝てるかもですね。

まとめ

10月8日、NLDS4、ALDS3の試合結果を反映すると、

CLE●●●3vs11HOU○○○←アストロズALCS進出
COL●●●vsMIL○○○←ブルワーズNLCS進出
NYY●○●1vs16BOS○●○
ATL●●○●2vs6LAD○○●○←ドジャースNLCS進出

私の中でのプレイヤーオブザゲームはアストロズは...同点打を放ったアルトゥーベにしましょう。そしてドジャースはマチャド、レッドソックスはサイクルヒットのホルトでしょうね。

とりあえず大量得点の日となった今回。ヤンキース戦は試合終了前に観客ゾロゾロと帰って行ったのはかなりの屈辱だったでしょうね。おそらく地元ではセベリーノなにやってん!って怒り中だったことでしょう。

9日ALDS4でレッドソックス勝ったら終了。もしヤンキースが勝ったとしても10日は移動で11日ALDS5となる。12日からはNLCSね。てことは明日レッドソックス勝ったら二日間メジャー見れないんだね...ヤンキース頑張れ!

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-アストロズ, ディビジョンシリーズ, ドジャース, ポストシーズン, レッドソックス