めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

ブレーブス

21歳で21ホーマー!ブレーブスのルーキー、アルビーズがヤバい件

2018/08/14

開幕前は意外だった。

ブレーブスが地区首位になるとは思っても見なかった。しかもフィリーズと地区首位を争っているというから不思議なもんだ。開幕前はナショナルズ一択かも知れないなんて思ってたが、やはり野球は分からない。

ブレーブスは20歳アクーニャ、21歳アルビーズ、24歳スワンソン、24歳カマーゴなど野手の半分が若い選手で構成されている。まさかその若さが爆発するとは思っても見なかった。

その中の21歳アルビーズが21ホーマーを放ったので、これってかなり凄い事なんでは?と思ったのでメジャーの歴史でも見直そうかと思いめじゃる。

スポンサードリンク

オジー・アルビーズとは?

あまり聞いた事無いかも知れないが、アルビーズは今年で2年目の21歳。21歳の若さながらオールスターにも選ばれている若者だ。

打率.277、21本塁打、60打点で盗塁は12。ポジションは二塁手で打って走って守っての選手。昨年.456だった長打率が.494まで上昇し打力の成長が伺える。

こんな軽々振ってるのに入っちゃうんだからヤバいよね。21歳で21本塁打ってかなり凄いんではなかろうか?

歴代21歳で30本塁打打っちゃった選手

21歳で30本塁打を打ってしまった選手はメジャー史上たった11人。

# Season Name Team HR
1 1953 Eddie Mathews Braves 47
2 2017 Cody Bellinger Dodgers 39
3 2001 Albert Pujols Cardinals 37
4 1934 Hal Trosky Indians 35
5 2011 Giancarlo Stanton Marlins 34
6 1929 Jimmie Foxx Athletics 33
7 1986 Jose Canseco Athletics 33
8 1979 Bob Horner Braves 33
9 2004 Miguel Cabrera Marlins 33
10 1998 Andruw Jones Braves 31
11 1987 Ruben Sierra Rangers 30

最近フライボールレボリューションだとかなんとかでホームランが多い。

2000年以降の選手でベリンジャー、プホルス、スタントン、カブレラがランクインしている。おそらく彼らは殿堂入りするだろう。プホルス、カブレラは2018年はちょっと落ちぶれているがこんな凄い選手だったんだな。

他2013年のトラウトが27本塁打、2009年のアップトンが26本塁打と21歳で25本以上本塁打を打てる選手は殿堂入りしそうな選手ばっかだ。

アルビーズも殿堂入り出来る選手になれるのだろうか...。

24歳がゴールデンエイジ

19歳のソトが14本塁打、20歳のアクーニャが15本塁打と若者たちが頑張っている2018年だがアルビーズはさらに打っている。21歳ではデバースは16本塁打、トーレスが18本塁打とライバルたちもなかなか凄い。

年齢の若い選手から数えると24歳のブレグマンまでいかないと21本塁打以上はいない。そして24歳ギャロが31本塁打でこいつもまたヤバい。そしてリンドーア29本塁打、24歳オルソンも22本塁打。

24歳がゴールデンエイジなのが凄いね。

まとめ

なるほど、21歳アルビーズが21本塁打を打ってスゲーってなったのですが、それを余裕でクリアしているプホルス、スタントン、カブレラのレジェンドたちがいた。

アルビーズが歴史に名を残したいのなら30本塁打以上は打たなければならない。

最近はジャッジやベリンジャーなどのルーキーたちが凄過ぎてだんだん付いてけなくなっていたがアルビーズも是非覚えておきたい選手だ。

個人的には19歳のソトが一番気になる存在なんですがね。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-ブレーブス