めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

トレード ヤンキース

ヤンキースがオリオールズのセーブ成功率100%のクローザーブリットンを獲得!7回で起用予定か?

2018/07/26

オールスターも終了した今、アメリカンリーグで最弱なチームはどこだかご存知ですか?そうです、アリーグ東地区に所属しているオリオールズなんです。

あのロイヤルズやホワイトソックス、タイガースよりも弱いって逆に凄くないですか?あのオールスター選手でfWAR3.8のマニー・マチャドをもってしてもこの弱さ。ヤバいですよね。

ついこないだ、そのマチャドがドジャースへトレードされました。そして今度はブリットンがヤンキースへトレードされたようです。ではそのブリットンで誰?ヤンキースでの役割はどこ?ってところで確認致しましたのでめじゃる。

スポンサードリンク

オリオールズのブリットンがヤンキースへ

オリオールズのザック・ブリットンがヤンキースへ移籍した。

※ちなみに「acquire」ってのが「獲得する」という意味です。これはトレードでよく使われてますので覚えましょう。ってか自分が今回覚えました。

ブリットンって少し聞いた事あります。自分の中では凄いクローザーだったというぐらいしか記憶ありませんでしたので今回も調べました。

ザック・ブリットンとは2016年(今から2年前)セーブ機会が47試合あって47セーブを記録しました...セーブ成功率100%じゃん!ちなみにその時の防御率0.54で当たり前ですがメジャーのリリーフ陣でトップです(2位はあのミラーで防御率1.45)

2011年~13年には先発でパッとしなかったブリットンだったが、リリーフに転向した14年には防御率1.65、15年1.92、16年0.54と毎年攻略不可能なクローザーに変貌。

17年は防御率2.89とパンピーレベルになり、喝!さらにアキレス腱断裂し、防御率は3.45に。2019年にFAということもありオリオールズは放出、ヤンキースはレンタル選手としてブリットンを獲得した。

全盛期並みの力はもう無いかも知れない...。

ヤンキース、すでにリーグ屈指のリリーフ陣

ヤンキースのリリーフ陣は充実してそうに思うがどうだろう?クローザーはもちろん左腕の球界最速投手チャップマン。そして最近はグリーンも活躍してそうだがどうだろう。

ヤンキースの勝利の方程式は

  • 7回、右投げ*チャド・グリーン
  • 8回、右投げ*デビッド・ロバートソン/右投げ*デリン・ベタンセス
  • 9回、左投げ*アロディス・チャップマン

aLIが1.000を超えているのはこの4人なので、この子らが勝利の方程式だろう。例年ではベタンセスの安定感が無いイメージだが...防御率はどうだろう?

  • 7回、グリーン防御率2.63
  • 8回、ロバートソン防御率3.05/ベタンセス防御率2.55
  • 9回、チャップマン防御率2.03

メジャーリーガーのリリーフ陣で防御率1点台が24人存在する。チャップマンの防御率2.03は最高級!って訳では無いがトップ30には入っているのでクローザーの資格ありってところだろうか。トップ31~60位(セットアッパークラス)の防御率は2.20~2.84の間に入っていたいとこだが、グリーン、ベタンセスがランクイン。

リーグ屈指のブルペン陣やないかい!

ブリットン7回濃厚か?

自分が監督ならどうするだろう?元スーパークローザーだが今は奪三振率7.5の防御率3.45。参考程度だがWHIP1.340でお世辞にもスーパークローザーの面影はなし。

ちょっと思い出したのはグリーンはデビュー時は先発してたという事実。むしろ先発が崩壊しているのでグリーンを先発、もしくは先発/中継ぎの都合のいい投手扱いとして使いたいんであれば...

※画像はmlb.comより引用致しました

やっぱ7回濃厚ですよね!こうすると7回に右腕ロバートソン/左腕ブリットン、8回は右腕ベタンセス、9回は左腕チャップマンとなり、右右左とか左右左とかで非常にバランスも良くなるか。

そもそもブリットンはクローザーとしての力はもう無いかも知れないが、チャップマンも怪しいからね(いつも汗かいてギリギリの状態のイメージ)元セーブ王のブリットンはやはり心強いところか。

まとめ

今回ご紹介したトレード情報は...

  • ザック・ブリットンがヤンキースへ。

元最強クローザー、セーブ成功率100%のクローザーのザック・ブリットンが盤石なリリーフ陣を誇るヤンキースへ移籍。おそらく7回を任されることとなりそうだ。

そもそもヤンキースのリリーフ陣のfWARは6.7でメジャーナンバーワンのチーム!そこへあえてのブリットンとか念には念をって感じか。先発陣も思ったより悪く無くfWAR8.6で8位。出来ればここは補強したいところ。

現ヤンキースのエースのセベリーノ、元ヤンキースのエースのサバシア、元アスレチックスのエースのグレイ、元日本のエースの田中将大とエースが揃うヤンキース。もうついでにレイズのエースのアーチャー獲得したらいいのにって思う今日この頃です。

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-トレード, ヤンキース