めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

アストロズ

アストロズの二塁手アルトゥーベが4年連続200本安打達成!イチローの記録まで後6年

現代のアベレージヒッター、アストロズのホセ・アルトゥーベが4年連続200本安打を達成しました。30本塁打よりも達成が困難で、もはや希少種といってもいい200本安打。今日はアルトゥーベについてめじゃる。

スポンサードリンク

アルトゥーベが4年連続200安打達成

9月27日のレンジャーズ戦。今シーズンすでに199安打を達成していて、200本安打まで残り1本と迫っていたのにアルトゥーベは昨日は何故か欠場。はい?せっかくの記録なので出来るだけ早く達成したいのに欠場とかマジでひやひやもん。

今日は3番二塁で先発出場。200本安打はイメージではトップバッターが多いはずなのだが、24本塁打も打てるパワーが無駄にあってしまうのでクリーンナップを任されてしまう。

そんな初回、スプリンガーを一塁に置いてアルトゥーベ。牽制からの初球は真ん中低めにストライク!そしてまたも牽制からの、今度は真ん中高めにストライク!3球目はど真ん中付近をファウル。そしてまた牽制からの大きく外れてボール。

(どんだけ牽制すんねん)

そして5球目、内角低めに向かってきた球を...

200本安打キター!

結局ライトへ運び、4年連続200本安打の偉業を達成した。イチローの記録まで後6年...無理やな。

30本塁打より達成困難な200本安打

イチローが簡単に10年連続200本安打なんか達成してしまったものだから、200本安打はいっぱいいるんでしょ?と思ってしまっていました。ちなみに今季200本安打をすでに達成しているのは3名。昨日付けの記録では..

  1. ブラックモン205安打
  2. インシアーテ200本
  3. アルトゥーベ199本(今日200本達成)
  4. ゴードン192本
  5. ホズマー189本

パッと見ても分かりますが、基本的にトップバッター、チームの切り込み隊長がヒットを多く打ちます(単純に打席数が多いですからね)

その中で異質なのはアルトゥーベ。彼は基本3番(たまに2番)を打つクリーンナップ。打席数はブラックモン、インシアーテより60以上も少ない。って事はそれだけ打率が高くないと安打が打てなくなりますので打順が下がれば下がるほど難易度は上がります。

ホズマーもそうです。ホズマーも主に4番(ときどき3番)ですので不利です。

このシーズン安打数トップ5の打率を確認すると...

  1. ブラックモン打率.326
  2. インシアーテ打率.306
  3. アルトゥーベ打率.348
  4. ゴードン打率.304
  5. ホズマー打率.320

おそらくホズマーは200本安打は行きません。ゴードンはギリギリいくかどうか。結局トップバッターであった場合、打率3割ほどで試合出場していれば200本安打は可能ですが、3番、4番クラスは3割2分を超えて来ないと達成は難しい感じです。

おそらくシーズン終了後に200本安打を達成しているのは多くて4人でしょう。一方30本塁打はすでに33人。もう少し増えると見ています。どちらが希少種か火を見るよりも明らかです。

イチローの10年連続200本安打を超えるものはしばらくは出て来ないでしょう。

13年連続200本安打もイケるかも

ここでアルトゥーベとイチローの年齢別シーズン安打数を調査したところ

Age José Altuve Ichiro Suzuki
21 61
22 167
23 177
24 225
25 200
26 216
27 199 242
28 208
29 212
30 262
31 206
32 224
33 238
34 213
35 225
36 214
37 184
38 178
39 136
40 102
41 91
42 95
43 49

ちょうど今のアルトゥーベの年齢でイチローはメジャーデビューしていました。って事はですよ、年齢的にはアルトゥーベが今から9年連続200本安打を達成する可能性もありますので、計13年連続200本安打達成するかも知れません!スゲー!

(ま、実際のところはかなりの難易度となりますがね)

まとめ

結局、いいか悪いかパワーの有り余るアルトゥーベは現在のチーム事情では3番を任されておりますので200本安打には非常に不利な状況。他に今シーズン200本安打を達成しているブラックモン、インシアーテは今季が初の200本安打。

ゴードンも確か昨年は80試合以上出場停止食らってますので、200本安打は今季達成すると2度目なのですが、連続記録は途絶えています。

個人的にパワプロ査定する時のアベレージヒッターの条件は200本安打なのですが、今後アベレージヒッターを取得させる選手の条件を引き下げなければ、アベレージヒッター獲得者なしが当たり前になってくる時代なのかも知れません。

(その分、パワーヒッターうじゃうじゃいますけどね)

ほな

※また読みたいと思ったら下記メジャーリーグのボタンをぽちっとお願い致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-アストロズ
-