めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

オリオールズ ブルージェイズ ヤンキース レイズ レッドソックス

メジャーリーグのアリーグ東地区のチーム別年俸トップ5を調べたんや

2017/03/01

チームのペイロール(給与)って気になるよね?←私だけか?(笑)6地区の中でも1番金を使ってるんやないかと思われるアリーグ東地区のチーム別高給取りトップ5を調査。不良債権ならんよーに願いながらめじゃる。

スポンサードリンク

この地区で有名な契約と言えば2016年にレッドソックスと契約した7年$217Mと言う終身雇用のデビッド・プライスだろう。もーこれふざけてるよね?銀河系軍団ヤンキースを1年間雇えるぐらいのお金やで?欲しいよなーそんなお金。生まれた瞬間から寝ずに死ぬまで働いても何生かかるねんって感じ。いーなーいーなーってゆーのはさておき、チーム別に高給取りトップ5を調べてくよ!活躍せんだらブーイングやで!←嫉妬(笑)

ボルティモア・オリオールズ

  1. 1B、クリス・デイビス、$23,000,000
  2. CF、アダム・ジョーンズ$16,333,333
  3. SS、J.J. ハーディー、$14,000,000
  4. SP、ウバルド・ヒメネス、$13,500,000
  5. 3B、マニー・マチャド、$11,500,000

DHのトランボも$11.5Mでマチャドと同じ5位。また、OPS.716のハーディーや8勝12敗のヒメネスがこの値段通りに働けるんかいな?



ボストン・レッドソックス

  1. SP、デビッド・プライス、$30,000,000
  2. DH、ハンリー・ラミレス$22,750,000
  3. SP、リック・ポーセロ、$20,125,000
  4. 3B、パブロ・サンドバル、$17,600,000
  5. 2B、ダスティン・ペドロイア、$15,125,000

2015年に移籍してきたサンドバルが大の注目選手。移籍直後はOPS.658、2016年はたった3試合の出場と不良債権っぷりが酷かった。

ニューヨーク・ヤンキース

  1. SP、CC・サバシア$25,000,000
  2. SP、田中将大$22,000,000
  3. CF、ジャコビー・エルズベリー、$21,142,857
  4. CL、アロルディス・チャップマン、$17,200,000
  5. 3B、チェイス・ヘッドリー、$13,000,000

DHのホリデーも$13Mで同5位。ここで怪しいのはエルズベリー。20盗塁はしてたけどOPS.703でとてもじゃないが金額と釣り合わん。

タンパベイ・レイズ

  1. 3B、エバン・ロンゴリア、$13,166,667
  2. SP、クリス・アーチャー、$5,916,667
  3. LF、コルビー・ラスマス$5,000,000
  4. SP、アレックス・コッブ、$4,200,000
  5. SP、ジェイク・オドリッジ、$4,100,000

$10M超えはロンゴリアだけ。さすが貧乏球団って感じ。FA前の選手がトップ5に名を連ねるよーでは底がしれてる。安くて良い人材を集めなければ勝てない。

トロント・ブルージェイズ

  1. C、ラッセル・マーティン、$20,000,000
  2. SS、トロイ・トゥロウィツキー、$20,000,000
  3. RF、ホセ・バティスタ、$18,000,000
  4. OF、メルビン・アップトンJr.、$17,050,000
  5. 3B、ジョシュ・ドナルドソン、$17,000,000

アップトンは昨季20本塁打を打ったが打率.238しかなくOPS.693と散々でスタメン落ちが濃厚。この子トレード要員か?

まとめ

えーっと、ヤンキースがついに$200Mを切りました。やっと諦めて再建に踏み切ったからね。また、オリオールズやブルージェイズが昨季プレイオフまで行った事もあるのか2016-17年の間に総支給が微増しておりお金使ったよーだ。一方圧倒的にお金が無いレイズはやっぱしどっからどー見ても不利。総支給がまーくん3人分やで?(笑)無駄遣いなんてしたら9人集めれず野球すら出来ないんですよ!ご理解頂きたい。

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-オリオールズ, ブルージェイズ, ヤンキース, レイズ, レッドソックス
-, , , ,