めじゃるぶ

初心者が3分でメジャーリーグをべしゃるブログ

もしも インディアンス オリオールズ ヤンキース レンジャーズ

スイッチヒッターだけで打線組んだけどこれ強くない?【下位打線編】

さてさて前回は1~5番まで紹介致しましたが、今回はその続編として6~9番+投手を紹介しよーと思います。こーゆーマニアックなの調べて一人でニヤニヤするのがキモイけど楽しいんです。ほな続きをめじゃります。

スポンサードリンク

ちなみに豆知識なんやけど、両打ちの野手って右投両打がほとんどなんやが、左投両打となるとたった4人しかおらんの。それが、ジャスティン・スモーク、ダニエル・ナバ、メルキー・カブレラ、ロビー・グロスマン。この4人はかなりの希少種として扱って。で、さらに希少種は両投左打のパット・ベンディット。漫画しか出て来ないよーな両投げ投手。これははぐれメタル級ですよ!この辺はマニアにはたまらん選手となっておりますね。

6番3Bラミレス機動力のある便利屋

右投両打のインディアンスのホセ・ラミレス。打率.312で11本塁打22盗塁と万能タイプなのにセカンド、ショート、レフトも守る。OPS対左.841、対右.818とむしろ欠点が無い。優秀過ぎてウケる。他はヤンキースのチェイス・ヘッドリーが両打ちだがOPS対左.686、対右.726とワンランク下だな。ラミレスは普段から5番6番あたりを打て、この便利さは非常に素晴らしい。

7番RFベルトラン、遅れて来た天才

右投両打の現レンジャーズのカルロス・ベルトラン。本塁打29本のパワーが売り。実はライトだけ100試合以上がいなかったんで...と言う忘れてた言い訳。本来3番よな(笑)OPS対左.970、対右.805と高いレベルで右が苦手。他にはヤンキースのアーロン・ヒックス。OPS対左.484、対右.691でほんまはこの子を9番にって思ってた。ヒックスがライトの試合数86で1位。

8番Cウィータースの強肩強打が驚異

右投両打のオリオールズのマット・ウィータース。普段は6番7番を打ってる打てる捕手。OPS対左.645、対右.733とまー荒い打撃やけど。元強肩だったんやが...今は?他はドジャースのヤスマニ・グランダルとレッズのタッカー・バーンハートが両打ち。誰?(笑)ちなみにグランダルはイチローのフォームを真似してる人。ちょっとごっついからサムライ感が無く似合ってへんけどさー。

スイッチヒッターだけで打順組んでみた後編

9番1Bテシェイラ落ちぶれてすまん

右投両打のヤンキースのマーク・テシェイラ。とーとー衰えが明確に。打率2割で15本塁打の子がクリーンナップはいかんでしょ!OPS対左.685、対右.640とまー酷い。主軸がこれでは神の子まーくんも勝てへん。他はブルージェイズのジャスティン・スモークも両打ちでOPS対左.621、対右.738だがあんま知らんので却下しました。ファーストはいいヤツおらんだのが意外だった。

番外Pホランドだが打席にほぼ立たず

左投両打のレンジャーズの先発デレク・ホランド。だが今季2打席しか立ってへん。他、ワールドシリーズ第7戦で負け投手となったインディアンスのリリーフのブライアン・ショウ、ドジャースのクローザーケンリー・ジャンセンも両打ちなんやけどいかんせん打席に立たないんやわ。アリーグはもともとDHおるから立たんし、ナリーグは代打出すからなー。ま、番外編なんでお名前だけでもって感じ。

まとめ

えーっと、気づきません?スイッチヒッターだけを集めて最強?打線を組んだけど...カブスとインディアンスが2名ずつ入ってんの!て事は、ワールドシリーズを制覇する為にはこーゆー便利屋が必要ってゆー意味ではないだろうか?←多分違う(笑)けどこんな打線があったら相手チームは投手の継投タイミングが難しいよな。で両打投手のホランドを両投のベンディットに代えたら...まさに両投両打のドリームチームや!

ほな

スポンサードリンク

スポンサードリンク


-もしも, インディアンス, オリオールズ, ヤンキース, レンジャーズ
-, , , ,